【子供服の収納】子供服も少なめに、計画的に買っています後編

前回は【子供服の収納】子供服も少なめに、計画的に買っています 前編 をお届けしました。今日は、その後編になります。

1人1つの引き出しでおさまるように

長男が幼稚園に通いはじめて、2人分を1つのところに保管しきれなくなってきました。試しに増やしているという感じです。

次男の場合は、保育園などに行っていないので、少なめ。まだ余裕のある状態です。

引き出しの中身は?

<長男の場合>

①~④では、前回の記事・前編で、冬服、夏服、幼稚園のものを紹介済みです。

⑤秋夏服?厚手の半そで1枚、ハーフジーンズ1枚を保管。

・6月まで着ていたもの

これは、季節に1枚は登場する、わが家のお気に入りのパンダTシャツです。

長男が気に入って選んだのですが、少し生地が厚いので、真夏は暑い。同様にジーンズも。これは、沖縄という地域柄もあって、10月からはタンクトップは着なくなるので、このTシャツとジーンズを復活させようと思って、とっておいてます。

<次男の場合>

①秋夏服?厚手の半そで1枚、ハーフジーンズ1枚を保管。

・6月まで着ていたもの

上記の長男の場合と、同様に、10月から活躍が待たれているTシャツとジーンズです。

②冬の洋服はTシャツ・シャツ4枚、トレーナー1枚

・前の秋から春にきていたもの

・買い置きしておいたもの

次男の場合は、気に入ったものを何度も何度も着て過ごすので、冬服は基本上下2枚あれば足ります。冬は短いし。

トレーナーははおりものとして外に出るときに使う予定。

洋服のストックのメリット

おそらく、私が買い置きして、ストックとして保管するのは、

・節約

・お気に入りの確保

この2点の理由からだと思います。洋服を大量に持つ人が、気に入ったものを念のためとして買うのは、使わなくなるリスクがありますが、少ない人なら、計画的に買うことで、節約につながります。

売れ残りのセール品をあまり好まないこともありますが、常連でいくお店で買うのは、気に入っているものばかりで、型も流行に左右されてなくて、とても買いやすいです。

何度かの経験により、お気に入りは安く確保しておきたいので、こういった収納になりました。

冬が訪れてから、これは失敗でした!ということにならないといいですが、今年は試しにやってみるという感じなので、どうなるのか楽しみです。