100円ショップでそろえるままごと道具はリアルで使える

子供部屋にはままごとキッチンを設置し、よくままごとで遊ぶ息子たち。5歳と2歳ですが、まだまだおままごとは大好きな遊びの一つ。「食」は子供にとって身近なものだからこそ、ままごとは性別関係なく楽しめる遊びなのだなーと思っています。

ままごと道具は木でできたとても可愛らしいものが売っていて、ママにとっては憧れのキッチン道具。

そんな素敵な木のおもちゃも好きなのですが、子供の様子を見ていると、かわいらしさよりも、使いやすさが重要。

100円ショップで買ったキッチン雑貨

フライパンやお鍋などは、食材を入れて炒めたり、焼いたりして使いたい様子。小さすぎるものだと、混ぜられず不便みたいなので、ちょうどよいサイズです。

キッチンは、丈夫なものにして、細かなキッチン雑貨はセリアやダイソーの100円ショップでじゅうぶん満足できるよう。

塩コショーも、中身はビーズを入れてテープで貼れば中身もこぼれず安全。

わが家のキッチン同様、多すぎず、でも好みに合わせて使いたいようにしています。

ボトルの中身は花はじき

ボトルは、花はじきを入れるために買いました。実は、見ていて使いやすいという感じはなく、うまく片づけられていないのです。

でも、長男のお気に入りなので、まあいいかなと思っています。なので、おすすめというわけでもないのですが・・・

とっても見た目は分かりやすい!

花はじきは、本当にフライパンに入れるとちょうどよいのです。炒めやすいです。

これを食材に見立てて、うどんにしたり、野菜にしたりあらゆる食べ物をイメージしてやっていましたよ。

ただ、散らかりやすいので、余裕のない日は一時的にしまうなどして、対策を立てています。

100円ショップのフエルトも切るだけで食材に

子供は見立て遊びが得意なので、そんなにたくさんの種類は必要ないように感じています。

中でも、簡単に用意できるのが、フエルト。

黒いフエルトは切るだけで、焼きのりに。茶色いフエルトは昆布に。

フエルトの柔らかさは、扱いやすく、子供たちはお鍋に昆布を入れてだしをとっていたりして。

実際にやっている様子は・・・

当時1歳の次男が遊んでいる様子。たくさん入るので、てんこもり。大人のやっていることを見て、再現しているのかな。

これはフエルトを使って作った食べ物を炒めているところです。(花はじきの写真ではなくてごめんなさい)

100円でリアルなままごとを

100円ショップでそろえたままごと道具が本物のキッチンのようで、リアル感満載です。大人顔負けの遊びでこちらも楽しませてもらっています。買いすぎないようには気を付けたいところです。