有名私立幼稚園を2年でやめました

「まずは3年は勤めないと」

「2年でやめたら何にもわからないだろ」

よく聞くセリフですね。

私もずっとそう思っていました。

だから2年も勤めてしまいました。

img_3705

現在専業主婦をしながら2児の母をしている私は、幼稚園で先生をしていました。地方の高校を卒業したあと、大学進学のため上京し、4年制の大学に入学しました。そこで、小学校教諭、幼稚園教諭などの資格を取得。幼稚園の先生になるためには保育士の資格もあった方がいいと聞き、独学で保育士資格を取得。教育や保育の勉強が好きだったし、子どもに関する仕事に就きたいと思って選んだ仕事でした。

小さいころからの夢とかっていうのではなかったけれど。

就職した幼稚園は、有名私立幼稚園でした。倍率は20倍。たった一人の合格者でした。

幼稚園での就職は一般企業と違って、同時にいくつも受けることができないのです。そして、求人が来るのはすごく遅く、4年生の秋ごろに集中します。私は1次試験、2次試験と受け、やっとの思いで合格。

嬉しくて、ホッとして泣きましたよ。

でも私、運よく入れた超有名私立幼稚園を

2年でやめたのです。

お給料は申し分ないくらいいただき、とても華やかな職場のようでしたが。

では、なぜかというと。

・どうしても保育方針が合わなかったから。

・幸せそうな尊敬できる先輩がいなかったから。

・ここの保育のスキルが付くのが怖かったから。

・職場に行くのがあまりにも苦痛だったから。

・新しい考えを受け入れられないところだったから。

などなど。やめたい気持ちがてんこもりでした。2年目に入ってから、だんだん自分の気持ちにうそをつけなくなってきて。

でも、やめられない。

絶対にやめてはいけないと思い込んでいました。

それはなぜかというと。

「大好きな幼稚園。」

「自分でよく考えて、選んで、一生懸命頑張ってやっと就職できたのに。」

「経験積まないと。」

「ここでやっていけなければどこに行ってもやっていけない。」

ずっとそう思い込んで、自分に言い聞かせていました。自分にうそをつき続けていると、身体がおかしくなるんですね。

突然仕事に行けなくなりました。二日休んで、ムチ打ってなんとか出勤。

でももう、気持ちが戻ってこないんですよ。

悩みぬいたあげく、その数か月後、翌年度の人事が出る直前に、やっとやめる決断をしました。そして、年が明け3月に退職。

環境をかえよう。

当時付き合っていた人(今の主人)の転勤がきっかけで。

「転勤!そっか、私も環境変えて出なおそう。」

私が転勤についていくという話ではないのですが、そんなささいなことがきっかけで、私はその環境から抜け出すことができました。

その後、いろいろあって、今は結婚をして専業主婦をしています。やめてから今まで、この生き方に自信を持てずにいる自分がどこかにいましたが、ある人に出会って、やめることのできた私をほめてやりたいと思える本を紹介してくださいました。もっと早くに出会いたかった。