思い込みを捨てて、手ぬぐいで食器を洗う気楽さ

食器洗いは一日に何度も訪れます。

一食分のときもあれば、おやつのお皿だけ、コップだけなど。少ない食器で暮らすわが家にとって、食器洗いは気軽にさっとやって終わらせたい家事の一つ。

そんな食器洗いも、手ぬぐいで洗うようになってからとても楽になりました。

手ぬぐいで食器をお湯洗い

手ぬぐい洗顔を始めたころに、なんでも洗剤や石けんで洗うことに縛られることないのではないか?ということを学びました。

関連記事:透明感のある美肌になりたい人は、手ぬぐい洗顔がおすすめ。2年間続けて肌への負担が減りました。

洗っちゃいけないわけでもないけど、洗う必要がないのだとしたら、そっちの方がいいなって思いました。

手ぬぐいは、さらしを切って使っています。自分基準でボロボロになるまで使って、また切って使う。コスパがとてもいいです。キッチンスポンジより、衛生的でお得。

水道のところにかけておくだけ

使い終わったら、絞ってかけておくだけ。こんなに薄いので、すぐに乾きます。新品だからとてもきれいですが、だんだん黄ばんできたり穴があいてきたりはしますよ。

たまに洗濯機に入れて洗うこともありますが、洗濯機で洗うと生地が傷むので軽く手洗いでも大丈夫。

食器洗い用の洗剤もあるので、それで洗った時についでによごれも落としておくこともできます。

食器洗い用の洗剤も持っています

汚れのひどいときや、油が落ちにくそうなときは食器洗い用の洗剤を手ぬぐいに付けて洗っています。

その他にも、例えば夏場など暑くてお湯洗いもしたくない時は洗剤をつけて水洗いしたり。

家族が風邪をひいて感染の恐れのあるときは、キッチン回りもいつものお湯任せではなく、洗剤を使ってみるなどしてもいいかなと思っておいています。

洗剤は、特にこだわっていません。たくさん入っていて安全そう。というのが選んでいる理由。洗剤は洗剤なので、どれも一緒と言ったらそんなことないんだとは思いますが、今はあくまでお湯洗いが基本なので、洗剤に目を向けずに、とりあえずやっています。

ゴム手袋を必ず使うので、洗剤には直接触れず、手は荒れにくいです。

手ぬぐい+ヤシノミ洗剤は泡立ちはあまりないみたい。泡立たないのがお好みでない人には向いていないかもしれません。慣れですが。

家族も使いやすいかは必ずチェック

私の家は、子供が大きいわけでもないのですが、基本的に家族みんなが家事には何らかの形で関われるようにしています。

教えるというほどの大げさなものではなく、簡単なものからできるとき、やりたいときに。

なので、家族が使いづらいようだったらいくら節約できて、美肌になって、私が楽だと思い込んでいても続けられません。私一人で背負うことになるので、それは避けたいところ。

子供たちがもっと食器洗いに目覚めたときにやりにくいからできないということであれば、やり方を変えてもいいし、ミニマムではないかもしれないけど増やしてもいいと思っています。