子供部屋の掃除&模様替えで子供の成長を感じる

ブログを1週間くらい更新していませんでした。家族で風邪をひいたりしていて、特に変わったことがあったわけではないのですが。

更新を楽しみにしてくださっている方、お待たせしました。

今日は、週末に子供部屋を掃除して、模様替えした様子をお伝えしたいと思います。おかげで息子たちの成長を感じました。

みんなで掃除をしました

毎度のことながら、そろそろどうですか~と息子たちに声をかけ、子供部屋の床の掃除をしました。この敷いているジョイントマットの下は、普段掃除ができていないので、こうしてときどきやっています。

ついでに今回は模様替えも兼ねているので、大がかり。

掃除機をかけたかったらしく、ほんの少しだけお手伝いしてくれました。

床の拭き掃除もいっしょに。幼稚園で掃除の時間があるので、長男は得意げでした。仕上げは私がやって、床は終了。マットはひとつずつ夫と手分けして拭きました。

クローゼットのままごとキッチンを配置換え

クローゼットにすっぽりとおさまっていたままごとキッチン。

模様替え前のおままごとコーナー

長男とのひょんな会話から、前の方が使いやすかったと。

これが前のキッチンの場所↓

ということで、話を聞きながら配置換えしていきました。

でも、以前と違うのは床で遊べる積み木が増えていること。シルバニアファミリーがあること。そのことを念頭に置き、今メインで遊んでいる汽車と積み木のコーナーで存分に遊べるように話し合いました。

そして、こんなふうに↓

キッチンは、向きは今のままで、前の場所にお引越し。

家ではほとんど長男はおままごとをしなくなっていたのですが、幼稚園ではやるそうで。配置換えでまた新鮮な気持ちで遊べそうです。さっそくおいしいものを作ってくれましたし。良かった良かった!

大人の思うすっきりを押し付けないように・・・

おもちゃも増え、私からみたらごちゃっとしているカラーボックスの台の上。

でも、どれも遊んでいるもので、作業場としてはいいのかなと思っています。

大人からみたすっきりした状態にもっていくことが必ずしも子供の成長にとっていいというわけでもないので、ミニマムにすっきりとした空間で暮らしたい気持ちと子育てはときに分けて考えたりすることがあります。

子供にとって使いやすく、でも整頓しすぎてしまわぬように・・・。ミニマリストはやりすぎがちなので逆に気を付けないとなんです。以前の私だったら長男タイプ。

例えば、空き箱集めが好きな長男。わが家に舞い込む空き箱や袋などをせっせと集め、段ボール箱一箱分までOKというルールで集めていました。

これで工作をつくるためというわけではないので、定期的に見直す時間を設けて。お気に入りの箱や袋を大事にしているので、その気持ちは大切にしたいです。

なかなか捨てられないタイプの長男。新しくクローゼットの引き出しに空きが出たので、そちらにお引越しすることに。少し広くなりましたので、たくさんの空き箱が入ります。

ほとんど長男のものなので、自分で整理。理由を付けて私がうまいこと促すということは特にしていませんが、容量は決まっているので悩みながらも自分なりに工夫して収納していて、成長を感じました。微笑ましい姿だったな!

この引き出しに入れることの変化も気になるところ・・・。しまい込んじゃって遊ばなくなったりして。

でも、いろいろ試して、長男が自分でいろんなことを感じたり気づいたりしていけたらそれでいいなと思っています。大げさかもしれないですが片付けの押し付けは本当に怖いので。

積み木コーナーの模様替えについてはまた今度話そうかと思います。

関連記事:【子供とおもちゃ】子供部屋の掃除のタイミング