お弁当作りのハードルを下げて、ビオスの丘で秋のピクニックを楽しむ

11月上旬に、家族でビオスの丘というところに遊びに行ってきました。

沖縄県内でも年齢問わず楽しめる観光地となっていて、自然あふれるスポットとなっています。

たまたま知り合いから無料チケットをもらえたので、入園料はかからず、汽車に乗って遊ぶのくらいしかお金を使いませんでした。

調べたところ、施設内には食事をするところが1つだけあるのですが、持って行ったほうがいいかなという感じがしたので、簡単なお弁当を持ってピクニックしてきました。

ビオスの丘って大自然

変わった形をした丘があったり・・・

牛もいるし・・・

ほかにはヤギもいました。しかも、だれでもお散歩していいようになっていました。

木のぼりのできるアスレチックがあったので、そこでたーくさん遊ぶことができましたよ。

広くてのびのび遊べます。

家族みんな大自然が好きなので、ここはたまらなく楽しめる場所でした。

簡単なお弁当を持っていきました

運動会仕様のお弁当箱ですが、中身は本当に簡単なものばかりにして、とりあえず食べられればOKというかんじで。

焼きそば、一口サンドイッチ(ジャム&マーガリン・ハム)、からあげ少し(先週作った残りがたまたま冷凍庫にあった)、ゆでブロッコリー、ミニトマト

まともに作ったのは焼きそばのみ。ゆでブロッコリーはレンジで温めるだけだし、サンドイッチもジャムやハムをサンドしただけで工夫もしていないかなり手抜きなものに。

使い捨て紙皿やわりばしを持参。紙皿はセットにしておいて、いつでも持ち出せるようにしています。

ずっとほしかったDEAN&DELUCAの三段重。まだ出番は少ないですが、使い勝手よくやっぱり買ってよかったものです。もっと活用していきたいです。

私は直接DEAN&DELUCAのオンラインショップで購入しました。

楽天やアマゾンにも販売されているようです。

みんなで食べて眺めがいいからおいしい

ピクニックって、お弁当の味よりもみんなで食べられて、眺めがよかったり空気がキレイだとおいしく感じませんか?

今回の目的はビオスの丘に行くことっていう感じで、お弁当じゃなくてコンビニでも良かったのですが、思い付きでやってみたら眺めがよくてそれだけでもおいしく感じました。

ござを貸してもらえるので、3枚借りてお弁当をひろげて。でも、こんなところでお弁当食べている人はいませんでしたが・・・。日影がよかったのでドラゴンを眺めながら、いい場所でした。

お弁当はハードルを下げて作る

普段の長男の幼稚園のお弁当もそうですが、なるべくハードルを下げて作るようにしています。

キャラ弁とか豪華なお弁当ではなく、家にあるもので素材を生かしたものや、普段から作りなれているものを。

息切れしないで済むような、恩着せがましくならない程度のお弁当といいますか。「私が一生懸命つくった」っていう達成感はあえてもたないように・・・。それは特別なときにでもとっておこう。

地味ですし芸もないですが、家族はこれでも喜んで食べていたので、良かったです。