子供部屋の積み木コーナーがにぎやかなのは『小さな大工さん』のおかげ

以前、子供部屋の模様替えをしたことをブログで話しました。

関連記事:子供部屋の掃除&模様替えで子供の成長を感じる

積み木コーナーについてはまた今度ということを話していたので、忘れないうちに載せておこうと思います。

愛用品『小さな大工さん』もお引越し

以前からもブログでお伝えしているかとは思いますが、わが家の積み木は4cm着尺に統一しています。『小さな大工さん』という材木屋さんから買ったものです。楽天に店舗がありますので、買いやすいです。

直方体200個、立方体100個。

毎日必ず手にとって2人で遊んでいます。

模様替えで小さな大工さんの積み木もお引越ししました。

以前の積み木おきば

          ↓

今の積み木おきば

積み木ケースも別売りのもので統一させているので、すべて重なり、スペースをあけることができます。

クローゼット内のスペースを有効活用

クローゼットにあったままごとキッチンが移動して、こんなに空きました。

備蓄用のお水と、その上には長男の宝物が入った箱を。

その横に木琴ですね。

積み木遊びが盛んになってくると、使っていない積み木が邪魔になってくるので、こんな風にクローゼット内にも置けるという。

こういう余白のスペースって大事!

積み木遊びが盛んなときの様子は・・・

普段だと、子供部屋の積み木コーナーはごっちゃごちゃです。

春頃作っていたのは、玉ころがし?のようなもの。

ワクブロックについている、球を使って遊べるものを自作。

 

あとは、よく作っているのが新幹線。今2人の中で流行っているのだと、トーマスの汽車。

大きめだと、船とか。乗り物中心ですね。

積み木の数と作ったもの

例えば、直方体200個、立方体100個使うとどうなるかというと・・・

これは↓次男が作った建物。

そして、こちらが長男が作ったホテル。

沖縄に住んでいるとリゾートホテルが立ち並んでいます。県民ということで安く泊まれることがあるので、長男にとっては思い出の地。

断面を見てみると・・・こんな様子です。

これで積み木全部使っちゃいました。

意外じゃありませんか?私は最初買ったときにあまりにものすごい勢いで使っていくので、驚きましたよ!

長男なんて初めて積み木を買ったのは3歳近かったのです。もう遅いかな?という頃に買ったので最初はうまく使いこなせなかったり、壊れることがすごく嫌だったり、何を作っていいのかわからないという感じでした。使わない時期もありましたし。

でも、今はたくさん手に取って、使っています。

本当は足りないくらいなのですが、わが家の家の広さを考えて今はこの数がちょうどいい。

ワクブロックも好きですが、小さな大工さんのこの4cm着尺が今の積み木コーナーをにぎやかにさせているようです。