2018年カレンダーはリビングだけで十分

シンプルな生活を試みるようになってから、スケジュールが立て込むことがあまりありません。

子供がまだ幼児だけだからでしょうか?

私が働いていないから?

それもあると思います。

でも私の人生を振り返ったとき圧倒的に「やらなきゃ」「してあげなきゃ」と、当然に“やるべきこと”であふれていた頃は、予定がパンパン。そして重要!

と思っていたので、手帳も必要だし、スケジュール管理に追われていたように思います。

専業主婦となり、子供が生まれてからは手帳は持たなくなりましたがそれでも何かに追われていたような落ち着かない気持ちを持っていたときはありましたね。

カレンダーはリビングのみ

わが家のカレンダーは主に、長男の幼稚園の予定。そして夫の飲み会や変則的な時間があらかじめ分かっているときだけ、そしてその内容もシンプルに特に必要な情報だけを書きます。

だから、リビングに1つだけあるカレンダーで事足りています。

今私が子供としたいことと言ったら、そして、子供にさせてあげたいことと言ったら、思いっきり自由に遊ぶこと。

なので、幼稚園も行事がぎっしりのところは選びませんでした。

予定も複雑ではありません。

例えばカレンダーに書き込むことも体操着が必要とか、牛乳パック持っていくとか今までありましたが、そこに「体操着」って書くだけです。

習い事もしていないし、予め約束してお友達と遊ぶこともないので、毎日余白だらけのカレンダーなのです(笑)

絵本好きの私と子供の趣味です

今年は昨年に引き続き

ぐりとぐらのカレンダー。

絵本が好きな私は、独身のときからカレンダーは絵本の中から選んでいます。

このほのぼのとした絵が好きです。

落ち着きます。

ぐりとぐら以外だと、

がまくんや、14匹のねずみなど。

シンプルな毎日を

カレンダーがあれば、息子も「きょうはなんのひかな?」と見たりできていいようです。

絵もとても詳しく描かれているので、ぐりとぐらの暮らしぶりが覗けておもしろいです。

暮らしのヒントにもなる。

毎日予定に追われることなく、今はこのカレンダーを眺めながら、のんびり過ごしたいです。