シンプルだからいい!無印良品の木製フックを使ってみた感想

今日はずいぶん前の無印良品週間にて購入したもののご報告と、その中からはじめて使ってみたフックの感想をおはなししたいと思います。

無印良品週間で注文したものが届きました

小さくて軽いものばかりでしたが、店舗に出向くよりもネットで買えるのはとてもラク。

中身は、以前買うと言っていたものです。

【関連記事】無印良品週間残りわずか!ネットストアで買ったもの2種類

取り出すと、これだけの量です。

子供の下着はストック用なので、いつものストック入れとして使っているかばんにしまいました。

【関連記事】【防災④】新品の下着をストックする

木製フックの使い道

木製フック初めて買いましたが、買って正解でした。

説明書をちらっとみて、簡単に取り付けられましたよ。

ハンガーをかけたい位置にマステで印をつけ、針を差し込み、

上から木製フックをかぶせるだけです。

…なんか微妙に曲がっているような。

私は、玄関付近にある子供のコートかけとして使いましたが、使いやすく場所も取りません。

それぞれが自分でできる高さにしました。

左:長男(5歳)一通り自分でできる

右:次男(3歳)とることはできる

一人一つ使いたかったので、連結しているようなもののほうが安くても選びませんでした。

・フックは1つ

・丈夫

・賃貸でもつけ外しできる(画鋲程度の穴なら良し)

・おしゃれ

・汎用性がある(子供も大人も性別も使い道も可能性が無限大)

が選んだ理由でした。

自分でできるしくみ作り

玄関から入ってきて、

「ただいまー」と一番に通る場所。

玄関から見た景色です。

ハンガーから取り出し、使い終わったらかけることができるのはおよそ年少くらいからだと思います。次男はまだできないことは想定していました。

子ども自身が自分でできるしくみを作るのに、かごに置くという選択肢もありました。また、紐などをつけて、ハンガーではなくその紐の輪をかけるというのでも良かったのかも。

でも、コートをハンガーにかけるということを子供だからできないだろうとするのではなく、めんどくさがらずにやれたらいいなーという思いがあったので、あえてかけるというしくみにこだわりました。

なので次男の場合は手伝います。

長男がもしやらないことがあったとしても、適度なタイミングで「床に置いたままだよ」と気づかせてあげればいいのかと思いやってみましたが、そんな感じで大丈夫でした。

2つくらいかけることもできました

長男には、ベストとブルゾン(ジャンパー)の2つが必要なので、2つともかけてみました。

なんとかなっていますね。

これが厚手のコート2着となるとかけられるけれど、見た目があまりよろしくないのかもしれません。使い勝手も落ちるのかなどうかな。

はおりものもたくさんはいらないので、わが家ではこれくらいの量。次男は暑がりなので長袖のはおりものは持たず、トレーナーだけでまかなっています。

このフックのおかげで、自分で身支度もできるし、わかりやすく管理できるので良い買い物をしたなーと思っています。