何度でもなでたくなるくらい愛着のわくモノを買いました

まるで赤ちゃんのほっぺたをさするように。

寝る前の可愛いわが子をぎゅってしたくなる気持ちで。

にたにたと笑ってしまうくらい。

お気に入りのモノを買いました。

たぶん、そんな風に愛でるような用途のものではありません。なでづらさもあるようなモノです。

倉敷意匠の道具買っちゃった

ついに、なんとついに!

わが家にも倉敷意匠の道具が仲間入りしました。

シンプルな暮らしを目指し、ミニマリスト化していく中で、いつかは自分のお気に入りのモノで囲まれた暮らしをしたいと思っていました。

その囲んでくれるものの一つでもあります。倉敷意匠の道具は、職人の魂を感じます。

テープカッター大と小

無印良品のモノと迷いましたが、ただ見た目がスッキリとしていればよいというのだけでは私が納得できず。

悩みましたが、こちらにしました。

セロハンテープデビュー

実はセロハンテープ持っていませんでした。

テープが必要なときは、マステでやっていました。そして、いよいよ長男が5歳になって工作を幼稚園で作るようになり、わが家でもやろうということになったので購入しました。

ついでに頻繁に使うマステもしっかりとテープカッターに入れることで使いやすく。

使う場所

あまり重さはないので、使う台によっては機能面でやや劣ることもあるのかもしれません。

つるつる滑る場所ではなく、木製のテーブルや棚などのうえでは滑らなそうです。

ひとまずこの無印のポリプロピレンの上においてみました。

この上で使おうとすると滑ります。使いやすくはないです。

今、工作がやりやすいようにリビングをどうにかしよーかなーかんがえているところです。でももしかしたらあまりやらないかもしれないですが。一応、やりそうなので環境整えてみようかと思います。

そのときはいつかお見せしますね。

息子たちにも美しく並んでいる姿を見て、かわいいものではなく、美しくモノが整っている状態から美的感覚を感じ取ってもらえたらいいなあと思います。今わからなくてもいいから、そういう感覚は研ぎ澄ませてやりたいなーと思っています。

家族みんなで大事に使おう!