【入園準備】雨の日のグッズ~長靴編~

家から子供と歩いて20分~30分くらいかかる幼稚園に登園しています。

雨の日も風の強い日も一緒に手をつないで歩くのは大変なこともありますが、レインコートと長靴のおかげで雨の日の方が楽しく通えています。

そんな私たちにとっての必需品である、長靴を紹介します。

stampleの長靴

初めて買ったのは3歳くらいのとき。

長靴を買うのならstampleと決めていました。そのデザインと丈夫さにひかれ、5歳になる現在までサイズを変えて愛用しています。

雨の日はたまにしかないからと、お安いものを買う選択肢もありました。でも、私が造りの雑な商品をはいたときに履き心地が悪かった覚えがあったので、しっかりとした造りのものにしたいと思いました。

靴底がしっかりしているので、これなら長い時間歩いても大丈夫。靴ズレも起こさず、雨が長靴にはいることもありません。

そして、坂の多いアスファルトにも負けずに歩けています。

長靴のサイズについて

すっごくかわいいです。

長男 18㎝(紫)

次男 16㎝(水色)

長靴はもともと足にいいわけではないので、靴ほど厳密に測ってはいません。

ですがつま先がついてしまうと痛いので、大きめを買って半年くらいはもつようにしています。

サイズについてはもう少し詳しく説明したいところですが、長くなるのでまたにします。

別売りの中敷きもしいています。100均でも売っていますが、長さと厚さがちょうどいいのと可愛いのでメーカーをそろえました。

中敷き自体は、実寸です。16㎝のものは定規できっちり16㎝でした。

靴は絶対にお下がりはしませんが、長靴はお下がりしても大丈夫なくらい履く頻度が低く、型崩れしません。

なので、中敷きだけ新しくして、次男はお下がりを使っています。

2㎝差なので、もう一足(17㎝)はきれいに洗って保管。

まとめ

初めて長靴を買うのに躊躇する場合は、私なら中古品を買うと思います。
メーカーものなら、中古品でも丈夫なのであまり擦れることもなく、良い状態のまま売ることになります。 粗雑なつくりの商品よりかは歩きやすいかと。

雨の日も楽しく歩いて登園できるのは、この長靴のおかげです。

愛用しているレインコートもまた紹介します。

【関連記事】子供靴のサイズアウトは子供が痛いというから?

【関連記事】三茶スニーカー店長直伝!わが家の子供靴の選び方。スリッポンタイプは履かせていません。