【入園準備】雨の日グッズ~子供用レインコートはモンベルに決定~

保育園や幼稚園では進級・入園の準備を始め出す時期に近づいてきたかと思います。

そこで、昨年入園した長男の入園準備を振り返ってみています。

今日は先日の【入園準備】雨の日のグッズ~長靴編~に続きまして、雨の日に着用するレインコートについて。

長男が通う幼稚園の規定で傘は危険なので持参不可になっています。そして、道幅も狭いので私と息子たちで歩くにはレインコートのみがちょうどいいです。

mont-bell(モンベル)のレインコート

登山やハイキングなどのアウトドアグッズとして有名なお店、mont-bell(モンベル)レインコート

数ヶ月間、何度かお店で試着して本当に買うかどうか悩み、決断しました。

条件は、

①極めて丈夫で蒸れないこと

②帽子が固定できること

③リュックを背負えること

でした。

1つずつ見ていきます。

1、極めて丈夫で蒸れないこと

歩いて20分~30分かかる幼稚園に登園しています。

よって、デザインが可愛らしくても、ペラペラのものはすぐに雨が浸透してきてしまうので、特に丈夫であるものを探しました。

また、夏にも着用するため汗で蒸れては困るので蒸れないことも絶対条件でした。

5歳8か月(年中)の長男が着るとこんな感じ。

このレインコートは、モンベルが独自に開発した防水透湿性素材を使用していて、雨が浸透するのを防いでくれますし、蒸れない構造になっています。

その他にも防水に優れた機能が満載。

ファスナーもやりやすく、さらにあごにあたらない仕様。マジックテープ付き。雨風しっかり防いでくれます。

2、帽子が固定できること

雨の日は風が吹くことも多く、そのたびに帽子が吹き飛んでいてはレインコートを着ている意味がありません。

そこで、帽子が固定できることも必須条件でした。調節機能は内部につくり、枝などで引っかからないようにされています。

そんなとこまでは必要なかったですが、幼児の動きを考えてのアウトドアグッズに感服ですね。

ひさしの調節もできます。

3、リュックを背負えること

登園時はリュックを背負っています。

ランドセル対応ではありませんが、デイパック程度なら背負うことができるような造りになっています。

ついでに反射して光るテープもついているので暗がりでも危なくありません。実は表のロゴも光るのです。

サイズは大きめを買って長く着れるように

サイズもまたとても悩みました。

結局はそれぞれ大きめを購入。丈も長く良い感じです。

2~3年持てばいいなあと思って決めました。

右:長男 120サイズ

現在5歳8か月(当時4歳10か月・身長100cm)

左:次男 110サイズ 

現在3歳3か月(当時2歳6か月・身長不明、大きめ)

次男の後ろ姿はこんな感じで、丈がかなり長めです。

コンパクトに畳めて、かっこいい

とてもコンパクトに畳めます。丈夫でも軽量です。

子供たちの動きも軽やか。

家ではコンパクトにして、幼稚園では玄関にかけています。

まとめ

登山に行くわけでもないわが家の息子たちですが、このレインコートは着心地もいいので本当に気持ちよく登園できます。

雨の日でもストレスを感じることなく過ごせて本当に良かったなと思っています。入園してから10か月が経ちますが、問題なく使えています。

少し高価ですが、機能性に乏しく可愛いデザインであってもそれなりにお値段します。アウトドア用品を取り入れるのは最適でした。