家での行動を考えると多くのものは必要なかった

私がモノを新たに買う前によく考えること。

と同時に、手放すときに考えること。

それは、この限られた時間の中で自分はどんな行動をとるのだろうかということです。

よく使うもの、触るもの、自分の動きで、それほど使わないものは持たないでみるのは持ちものを減らすのに有効です。

家で何しているかな?

たとえば、キッチンに長くいる人はキッチン道具が増えて当然。その分他の物を使う頻度は減るのでそちらは減らす。

寝る時間は長いのでその分、質のいい寝具を使う。

など、メリハリを持った生活を目指したいと思っています。

先日ブログでも、ソファーは持っていないことを書きました。家にいるとき、ゆっくり過ごしたいという思いからソファーを持ちたくなりますよね。

最近リビングでの過ごし方について思いを巡らせていたのでこういう記事が増えています。

関連記事:こたついるのかな・・・それともソファー?

自分たちの家の中での様子を考えると必要ないなということで、持っていません。

ゆっくりしたいとき何している?

<わたし>

私は座ってボーっとするよりも、ゆっくりしたいときはストレッチしながらテレビを見たりブログを書いたり本を読んだり。甘いものを食べたり。

でも昨日ボーっとしてたらすごく楽しかった。どうしましょ。

<夫>

夫はあまり家にいる時間がないのですが、ゆっくりする時が食事するときで、疲れていたら寝不足なのでお布団をしいて休んでいます。

<子供>

子供たちは家にいる時間は長いですが、遊んでいることが多い。

テレビを見たり、おやつを食べることはありますがそれはほとんど定位置で椅子に座ってというのが定番。

それを考えると、ソファーがなくても充実していることがわかります。

深く考えたわけではなく、きっとこんな行動だから、持っていないのです。

時間は有限です

限られた時間の中で、自分たちはなにをしたいかなー。

いま大切にしたいことはどんなことかなーと想像するのはとても楽しいです。

自分たちにとって必要なものをそろえていくのが、少ない持ち物でも困らない生活です。行動の癖はやりたいことへ直結していることもあるので、それが答えのこともありそうですね。

時間は有限なので、一度にできることは限られています。いろいろと試してみて心地いい感覚を見つけていきたいなと思っています。