片付けが好きな人、嫌いな人

私のブログでは、収納についてやお片付けについて載せることがあります。

見に来てくださる方はきっと、これから片づけようとしていたり収納で悩んでいる箇所があるのだと思います。

私もときどき収納に悩んだときにどうやってるんだろうと、好きなブログをのぞいたり、検索したりすることがあります。

そこで今日は片付けが好きな人、嫌いな人、それぞれ人には好きなこと、得意なことなど違うのでそのことについて話してみようと思います。

私は片付けが好きな人

玄関

私は片付けが好きな人です。

片付け好きの人の中には、片づけられた状態が好きな人も多いと思いますが、私は片付けという作業自体も好きなんですよ。

だから片付けを依頼されたらけっこう喜んでやりたいと思ってしまうかも。特にお願いされることはないので分かりませんが、そのこと自体に苦を感じづらいです。

ただ、そんな人ばかりではもちろんありませんよね。

重い腰をあげて・・・

という人だっているだろうし、どこから手を付けていいのか分からない。

できるだけやりたくないという人はたくさんいると思います。

それに私だって自分の家なら年がら年中やりたいかと言われると、そんなことはさっさと済ませて別のことをしたいと思います。

だらだらとやりたいと思うわけではないけれど、ついつい片づけたくなるという衝動はある方です。

疲れていたらできないし、やりたくない時だってある。

できなくたっていいんだよ

なんで、こんな片付け好き宣言をしたのかというと・・・

できなくたっていいんだよということを伝えたかったからです。

苦手なのにものすんごく頑張ってやり遂げた人はそれはとてもすごいことだし、何か目的があってなんとかやったのなら素晴らしいことだと思います。

でも、みんながみんなできるわけではないことを私は理解しています。

私も家を片付けたときには頑張ったなーという感じでしたが、作業が好きなんだから嫌いな人とは苦しみが違います。

収納の工夫している点などは写真などとともに表現することはできるけれど、私は片付け本とかほとんど読んだことがなく、作業は好きなんですがそういうことに対する学がありません。法則とかもあまり興味がなくて。

だからどうやったら片付くのかとか断捨離できるのかとかイマイチわかっていないんです。

プロに依頼するもアリ

自分でやろうとしてできなければ、プロに依頼して片付いた状態にするのもアリですよね。

絶対自分でできなきゃいけないことでもないし。

多少コストはかかるかもしれませんが、何年も苦しい思いをして先の見えないトンネルの中にいるよりかは、プロに依頼した方が光が見えてくるのが早いです。

一人で頑張り続けることにとらわれないでいきましょう!