【幼稚園入園準備】メルカリのハンドメイドを活用して乗り切りました

長男が入園してから1年が経ちました。この春から年長さんに進級(2年保育)し、1年間幼稚園で過ごしたことで必要だったものがそろいました。

私は幼稚園に入園するときの入園準備を楽しみにしていました。これってめずらしいですかね?

「準備が大変そう」

「お金がかかるな」

「手作りしなくちゃ」

などの想いがあふれてきますよね。

私が楽しみにしていた理由は、大好きなブロガーさんがセンスのいい方でその方のブログを見ていると、ご両親が手作りするのではなくても、オーダーされていてそれがすごく素敵だったからなんですね。

お裁縫が苦手な場合や、時間がとれない場合でも、できる人にお願いするのでもいいなと思いました。既成品は趣味ではない場合も多く、生地選びができる点が手作りの良さだと思います。息子と相談して好きな柄を選べます。

結果、準備はもちろん入園前のそわそわした気持ちも含めてそれなりに大変でもありますが、私はメルカリを使うことで乗り切ったので紹介しますね。

入園準備はメルカリのハンドメイドを活用

よく必要になってくるものとして、

・上履き入れ

・絵本バッグ

・体操服入れ

があります。

メルカリのハンドメイドで検索して、気に入った生地を見つけ、オーダーとは少し違いますがそれほど高くないお値段で購入することができましたよ。

とても丁寧な縫製で文句なしです。

入園後、体操服入れは必要なかったことが分かりましたが、水遊びの日に水着を入れるものとして使いました。

同じ柄でそろえたので息子にとっても「これは僕のものだ」と分かりやすさもありますね。

思い通りに仕上げてくれるオリジナリティがいい!

お弁当の道具もそろえました。

結果、ランチョンマットとコップ入れは必要なかったのですが、普段出かけるときに使っています。

スプーン入れがついていたり、オリジナリティあふれた工夫もあっていい!

ミシンを買って普段やらないことをするよりも、得意な方に頼ることで乗り切ってしまって、自分にできそうなことをやればいいと思っています。

私が手作りしたものは・・・

写真下にあるカトラリーケースを作ること!

え・・・これだけ?

セリアで大判のハンカチを買ってきて、お弁当包みと一緒の柄に合わせてみました。

包みは幼稚園から用意するように言われました。

よくあるプラスチックのカトラリーセットは落としたら割れるし妙に高いしで、購入対象にはなりませんでした。

家で使っているスプーンやおはしをこのカトラリーケースに入れて兼用して使っています。

手縫いであまりうまくありませんが、これだけは思い通りのものを作りたかったので頑張りました!(ってほどでもないですが笑)

まとめ

入園準備の記事はもっと早くに書き終えたいところでしたが、遅れてしまいました。今からでもいつかのときに役に立てたら幸いです。

人には得意不得意もあるし、その環境によってはできないことがあります。

手づくりが出来なければ親失格ではまったくなく、子供のことを大切に思っていないわけでもない。

今私たちにできる最大限のことで、子供も大人も楽しく暮らすための方法を常に考えて生活していければ、それが手づくりかどうかも関係ないです。

逆に言うと、親から手づくりで作ってもらえたことが深い思い出となることもあります。でもそれは他の出来事や、日ごろのお母さんやお父さんとの関わりなどいろいろなことが混ざり合って思い出となるのだと思います。

お裁縫に限りませんが、今を乗り切る方法としてメルカリのハンドメイドが私を救ってくれたことは確かです。大いに活用していきたいですね。

初めてメルカリに新規登録する場合、招待コードを入力するとくじ引きでポイントが当たるそうです。私の招待コードです「QPYPBE」宜しければぜひ~。

関連記事:【入園準備】雨の日グッズ~子供用レインコートはモンベルに決定~

関連記事:【入園準備】雨の日のグッズ~長靴編~

関連記事:【使いやすい収納】幼稚園への身支度をこちらで