夏に避けたい色のTシャツとは?

日差しも強く、もはやもう夏の訪れを感じる今日この頃。

長男の幼稚園のお迎えに行く時間はとても暑いです。

12時なんて…汗かいちゃいますよ。

汗をかくときの洋服

汗をかくと、汗染みが気になるという理由からグレーの半そでTシャツはここ数年着なくなりました。

明るい色の方が顔色の印象もよくなると思いますが、ベーシックな色の中からならグレーよりも白を選ぶようにすると何かと問題ないです。

でも、息子たちはあまり気にならないので、こんな感じのも持っています。

そしてこういうのはパジャマにもいい具合いの着心地なので、私はこういう感じのをパジャマとしてなら着ています。

家の中なら寝るときだけなので気になりません。

脱いだらお洗濯なのでね。

日焼け防止には・・・

黒いTシャツは太陽の光を吸収して、肌も焼けるとか・・・。

本当なのかな??とも思いますが、真っ黒のTシャツ、そもそも似合わないし持ったことはないです。

でも夏には暑そうなのもあって、避けている色です。

あと、以前やってしまったのが、Tシャツではないのですが黒のノースリーブブラウス。

汗染みが白く残ることがあって、やっぱり汗との相性は悪いようです。

冷房の効いた場所のみなら違いますね。

以上、私が夏に着ない色のTシャツはグレーと黒でした。

季節によって絞る色

じゃあこうして色を絞ると、窮屈に思われる方もいらっしゃいますかね。

実は逆なのです。

これがシンプルな暮らしを選択するところの良さで。

迷いが減るという点が非常にいいです。

消去法みたいな感じです。

だいたい決まってくると合わせやすくなって、色同士のぶつかり合いが減ります。

こんなことは、人気エディターの三尋木奈保さんも実践されています。

シンプルベーシックなら、ぜひ参考にしたい。

新しく今年発売された本でも紹介くださっています。

何度も読みたいファッション本。

季節の変わり目に読み返したい本です。

夏服もそろえていきますよ~。