【幼児期におすすめ】家族で盛り上がるゲーム~ボードゲーム編~

幼児期の話ではないですが、ボードゲームと言ったら、私の中では『どんじゃら』と『人生ゲーム』ですね~。

小さいときよく家族でやったんですよ。

今も売ってるのかな~なんてこの間弟と話していたのですが、ちょっと変わっていました。

絵合わせカード入っているみたい。

前はダイアモンドゲームとか入ってましたよね?って知っている方、懐かしいですよね!

それから人生ゲームは実家にいくつあることか。

その年によってルールが違うのがおもしろい。

最初の頃かったのには、ゴミ出しがあったり、ガソリンがでてきたりしたんですよね。

「細かーい!」とか言いながらやっていました。

↓こちらは2016年版です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人生ゲーム
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/4/29時点)

でも今日のテーマは幼児期におすすめのボードゲームなので、今から本題に入りますね。

ねことねずみの大レース

日本のおもちゃがすべて悪いと言うつもりはないのですが、ヨーロッパで作られたおもちゃは非常によく考えられていて、かつ子供らしく遊べるので安心して遊べるものが多いです。

今日紹介する『ねことねずみの大レース』もくすくす笑えて、スリルがあってとっても楽しいです。

対象年齢は4歳。

2人~4人で遊べます。

しくみはすごろくと同じなのですが、少し凝っているので飽きません。

子供から「もう1回!」とおねだりされるほど、繰り返し遊べるボードゲームです。

とはいえ単純なすごろくでもなんでもいいのですがね。

おもしろいものに出会えたものですから、紹介させてくださいね~。

中をあけるとこんな感じです。

動物たちがかわいい。息子たちこういうの大好きなんですよ。

ねこがねずみをおいかけるので、早く逃げなくっちゃ~と大盛り上がり。

ねこにつかまると食べられちゃうので、ねこの目が出てねこが近づいてくると・・・

「ギャー」ってなります。

逃げ込み先にチーズがあります。ゴールまで行ければ大きなチーズが食べられるんですよね~。もうそれ欲しさに、奮闘!

出た目の数だけ進むので、やっぱりこれは運です。そのときどきによって違うので、作戦たてたりしながら遊べるのがおもしろいところ。

 最初はルールがつかめなくても慣れます

大人でもゲームのルールが理解できない人っていますよね?

って、それ私のことなのですが・・・。

そんなゲームオンチな私でもなんとか子供と一緒にやっていきながら覚えたので安心してくださいね。

慣れれば楽しいのでぜひ。

ゲーム得意な方にとっては「慣れない?ん?何言っているのかな?」と思うくらい簡単なゲームです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pegasus/ペガサス社 ねことねずみの大レース
価格:5184円(税込、送料別) (2018/4/29時点)

ごっこ遊びにもなるのです

息子たちは積み木でねずみのおうちを作ったりして遊ぶのも好きです。

サイズがちょうどいい。

ねずみのこの立体的な造りが、リアルな感じもあっていいのかも。

ゲーム中に、3歳以下の弟や妹は、余ったねずみとチーズでごっこ遊びというのも手ですね。

積み木はこちら↓

   

このわくわくトレイに載せて、2階建てのおうちをつくっています。

子供と大人の満足度

できそうなときに声をかけるだけで、子供の満足度が高い。

この遊びによって私自身も「今日は○○くんと遊べたな~」と自信をもって思えます。

ゲームに限らず一緒に遊べそうなものを見つけると楽しい時間が過ごせます。

遊びじゃなくても別によいのですが、今回は一緒に遊べそうなゲームをと思ったので参考までに~。