【脱・ミニマリストの到来!?】子供部屋を大公開します

幼児期ということで、今一番おもちゃ等を使って遊ぶのが楽しくなってきているところです。

少し前までは、片づけやすく、なるべくすっきりした子供部屋になることを心がけていましたが、少しずつそれが出来なくなってきました。

それは子供の成長を考えたときに喜ばしいことでもありました。

ともに同じ空間を使う者としては、

「もう、どうでもいいや~。ミニマリストじゃなくても」

というちょっと投げやりというよりも肩の力を抜いた感覚が出てきました。

まずは、最近の子供部屋を公開。

遊びやすい子供部屋に

何度か子供部屋は公開しているのですが、あまりおもちゃの種類は増えていないかと思います。前に買ったおもちゃに買い足すカタチも多いので。

なんだかんだでこの配置が一番使いやすいらしい。

年齢に合わせて配置を変えたり高さを調節したりしていましたが、息子2人が幼児期に入り安定してきたところがあります。
とにかく見た目すっきりよりも、使いやすくて遊びやすいことを大事に。

カラーボックス収納

カラーボックスを机のようにして、図鑑をのせてみるのが好き。

毎日必ず図鑑を開く息子たち。相当好きらしい。

図鑑をここにのせてみるためにいろいろどかしていたので、収納場所としては使わず、何も置かないことに。

パズルは孫へともらったもの。リビングのテーブルで遊べるようにリビングの近くに置いています。

無印良品の引き出しには、

・レゴブロック

・レゴデュプロ

をそれぞれいれられるようにしました。

無印良品のかごには、

・カブトムシ、クワガタのフィギュア

・レゴで作ったものを入れるところ

という感じで分けて使っています。

息子がつくった段ボール箱には、分けづらいものを入れています。

おままごと空間

できたらおままごとの近くには畳とかしいて、テーブルを置いたりしたい。

最近は脇役になりつつあります。

細かい道具はここにまとめて。

おままごと周辺はこんな感じでだいたいの入れ方にしています。

木のおもちゃで遊べる空間

・ビー玉ころがし

・汽車遊び

・ミニカーなど

このマットが剥げている感じも、息子たちにとっては必要らしいので買い替えずそのままに。

ちょっと配置が違うときの写真ですが、こんな感じでビー玉ころがしで遊んでいます。

いつも出しているっていうよりはときどき出して遊ぶっていう感じです。

わりと最近追加したトーマスの汽車。

積み木と合わせて使っての汽車遊びは楽しそう。汽車は毎日かならず遊ぶもの。

線路は組み替えつつ出したままでやっています。

クローゼットに収納するおもちゃ

すごく好きな収納方法というわけではないけれど、カラーボックスを立てて使うことで置けるモノが増えました。

最近遊ぶ頻度が落ちたおもちゃ。

でもしまい込んじゃうと困るものを置いてみたところ、よく手にとるようになりました。

隣りの段ボール箱には、工作で作ったものを入れることに。

それぞれ入れられるように2つ。取り出しやすいようにと、奥には災害用のペットボトルを下にして高さを出して。

・童具館のワクブロック、ワクトレイ、ネフスピール

・宝物箱、もらったおてがみなど

・シルバニアのおもちゃ

・ぬいぐるみ

・空き箱など

小さいころのおもちゃなどはクローゼットの上段に少しばかりしまってあります。

使わなくなったおもちゃも手離すのを嫌がるので、とっておく派です。少ないですけどね。

いつも散らかっています

実は最近はとってもとっても散らかっています。

子供たちの工作がすごくさかんになってきたので、あちこちに落ちていますし。

大きめの段ボールがこんなふうに占領することもあります。

すごーく散らかるようになって、写真が撮れる日も少ないくらいです。

毎日レゴ・レゴ・レゴ!の時はレゴがたくさん落ちているので、何度も踏んで痛い~なんてこともしばしば。

たくさんのおもちゃがないと生きていけないということはないですが、私もおもちゃが好きで、すごく大切に思っています。だからおもちゃは極端に減らさず、いくつになっても遊べるものや丈夫なモノを中心にしています。手放すこともほぼなく、細かい分類も必要ないくらい、同じ種類のものを買い足すという感じで。

あ、ちなみにリビングにもおもちゃはあります。それはまた今度。

まとめ

ミニマリストってなんだかんだで少ないモノで暮らすというところが中心になると思うのです。もともと子供たちはミニマリストではないので、関係ないと言えばそうなのですが、片付いていなくても、多少モノが増えてもいいか~と思うようになりました。

特に長男がモノを捨てるのを嫌がるので、折り合いをつけながら快適に過ごせるようにしたいです。

片づけられるしくみは子供と一緒に作っていきたいとは思いますが、だいたい片づけやすければいいので、もっと子供にとっての身近な道具を置いてもう少し雑多なモノの中で暮らしていきたいなと考えています。

やっぱりこれは工作のおかげかな。工作作りが盛んなので、工作に限らずもっとモノづくりを楽しめる空間にしていきたいですねー。そうなると脱・ミニマリストの日も自然と近づいていきそうです。

もうどちらでもいいのだな。と、子供部屋を見ながら思ったのでした。