ビルケンシュトックのサンダルを買いました

4、5年ほどビーチサンダル以外のサンダルを履かない生活をしていましたが、今年はビルケンシュトックを買ってサンダルをはきはじめました。

色は白。

シンプルなデザイン。

けっこう歩きやすくて気に入っています。

サンダルをはかなかった理由

夏と言えばサンダルという方もいると思いますが、私はサンダルよりもスニーカーの方が好きです。

何よりも歩きやすいのが一番の理由です。

そして、夏に履くわけですが、夏と言えば日焼け。

じりじりと暑い日差しが痛いのです。暑いから涼しくなりたくてはくのに・・・。

さらにサンダルの日焼けあとがくっきり出るのがいやでした。

日焼け止めクリームを塗っても、なんだかんだで焼けたりしますもんね。

暑い時間帯をずらせるスケジュールの人はいいですが、それができない場合は素足をさらさずに済む方法を考えた方がいいのでそうしていました。

ビルケンシュトックに出会って

ドイツの靴ブランドとして有名なビルケンシュトック。

存在は知っていました。

靴の中敷きを生み出したビルケン。履き心地や機能性、高品質であることからいつかサンダルを買うときは履いてみたいなと思っていました。

夫や息子が履いていたことから、丈夫で足にも安定感があっていいなという印象もあったのです。

息子は少し前にサイズアウトしていたけれど新しいものを買っていませんでした。

アウトレットショップにお買い物に行ったときに新しく店舗が出来ていたので、私の分だけでなく、息子2人の分も買いそろえました。

ついに家族4人でビルケンシュトックデビューを果たしました。

ビルケンを買うときのいいところは、店員さんがしっかり靴のサイズを測ってくれるところです。

サンダルがないと困るほどではなかったし、少ない持ち物で暮らすことを考えると今の私の靴量でも悪くなかったのですが・・・。

関連記事:ミニマリストな私の靴を全部紹介します

少ないことにこだわることもないしなという気持ちが出始めていたので、買ってみることにしました。スカートにも合わせてみたいしね。

私のは白。買うなら細ベルトで白、かかとにストラップと思っていました。

かかとにストラップはないので全速力で走ろうとしたら脱げるとは思いますが、そういうこともあまりないのでそこは妥協。調整できるし安定感はあるので良しとしました。

白で細ベルトだとカジュアル感が減ります。スカートにも合わせられるので、そこもお気に入りポイントです。

ちなみにその店舗の女性店員さんみんなが白をはいておりました。

人気なのかな?

合わせやすいのかな?

サンダルを買ってよかったこと

・履き心地がとてもいい

・ちょっとそこまで行くのに使いやすい

・どんな服装でもだいたい合う

・車に乗ったとき(助手席)にサンダルだとラク

まとめ

久しぶりのサンダル生活はよい感じでスタートしました。白いスニーカーを持っている人も多いと思いますが、真っ白だと私はなんだか落ち着かない気がします。

汚れもそうだけど、なんか足だけ浮いているような風に見えていたのです。

でもサンダルだったら肌も出てるのでそこまで気にならず。

4足しかなかった私の靴ですが、少し増えて快適に過ごせそうです。

少なく済まそうとして無理があるのなら、単純な話で、増やしてみればよいのですねー。

日差しが強い時間帯はそこそこ避けつつやってみよう。

こんな感じで私の暮らしは少しずつ変化していくのでしょう。