【靴の断捨離】2足のスニーカーを使い切って捨てました

毎日移動はスニーカー。

坂道でも公園の砂場でも、固いアスファルトの上を歩くには欠かせない必需品。

私は毎日2足のスニーカーを交互に履いています。

たっぷり使ってもうこれ以上使えないなというくらいまではいたので、捨てることにも満足度の方が高い。

安心して手放すことができました。

汚れと劣化

毎日使っていたので、汚れがひどかったり擦れたりしていました。

写真だと割ときれいに映るのと、あまりにも汚いのではっきり汚れが見えるようには撮りませんでしたが、けっこうひどいものでした。

え?これでもひどい?

ずっと履いていると麻痺してきてわからなくなりますね。

紺と白の靴は3年、グレーの靴は2年ほど使いました。

特に靴の内側や裏側が劣化していました。

スエード生地だったので、ブラシで汚れをとったりときどき防水スプレーをしてお手入れをしながら、よく頑張ったなという気持ちです。

買い替えの目安

グレーというのは汚れが目立ちます。だからどうしても取れない汚れがずっとあれば、我慢せずに捨ててもいいと思っています。

紺と白のスニーカーよりも寿命が短くなるのはその点です。

そして、スエードの色が段々薄くなってきていました。

それから靴の内側が擦れて細かい擦り傷がたくさんあったのも捨てたくなる要因でした。

あとは歩き方の問題でもありますが、靴底が擦れてくるのも致し方ないですね。特に毎日いくつかの坂道を上がったり下りたりしているので、どうしても擦れます。

こういうことが積み重なり、2,3年もはけば十分なのではないかと思い、捨てることになりました。

品質のいい靴を思い切って使い切る

キレイだったころのスニーカー

私が購入するスニーカーは決して安いものではないので、捨てるのも勇気がいります。特に今回はスニーカー専門店で店長に選んでもらったものだったのですごく気に入っていました。

グレーの靴は同じものが欲しいくらい大好きでした。

でも毎日履く靴は少なくてもいいから品質のいいものを使いたい方なので、高いからといって特別なものとしてときどきしか履かないとするよりも、めいいっぱい使ってさっぱりとお別れする方が気持ちがいいなと思っています。

それに履かなくてもスニーカーは加水分解と言って、靴底のゴムが劣化し水と相まってボロボロになってくるのだそう。だから、はいてもはかなくても寿命はきてしまうので、いい状態のうちに使い切ってしまうのがおすすめです。

まとめ

靴は私の全体重を支える足を保護するのに、とっても頼もしい相手です。

保管に手間をかけないためにも、自分の満足する範囲で少なく持ち、使い切ってまた新しいのを買う。

実現できるとすごく嬉しい気持ちになります。

これが定番化していくと、よくわからない靴を買っては捨ててというのを繰り返さずに済むのかもしれないですね。

誰しもとりあえず持っているだけの靴があると思いますが、試してみてからなるべく早めに見切りをつけ、気持ちよく使い切るスタイルに変えていくと少ない靴でもファッションも楽しめるし、子育て中でも靴のお手入れに時間をかけずに済むのでいいことづくめです。