転勤中の私が子育ての息抜きのためにやってよかったこと

現在私は6歳と3歳の息子の子育て中。

沖縄に転勤してから5年になります。長男が年中から幼稚園に通うようになり、息子のお友達のお母さんたちとの交流もほどよくあり、専業主婦の私にとっては家以外のコミュニティが増えたことが何よりの喜びです。

それでも長男が幼稚園に通っている間は次男が家にいるので、1人の自由時間がたっぷりあるという感じではありません。

次男は入園していたら年少クラスにあたりますが、転勤予定であることなど様々な理由から預けることを見送りました。幼稚園の入園時期については地域によって違いがあると思います。

・夫は朝から晩までお仕事。

・実家は遠方。

・気心知れた姉弟や友人が近くにいない。

という私にストレスがたまらないはずはないのですよね。

そこで思い切って息抜きのために始めたことがあります。

託児所に預けてスポーツをする

自治体のやっているスポーツ施設で週に一度、次男を併設の託児所に預けてスポーツをすることにしたのです!

これは私にとってはチャレンジでした。

子供を預けるということに罪悪感を持たないタイプではあるのですが、やったことがなかったのでなかなか踏み出せずにいました。

ときどき自治体の会報にはさまっているちらしを見ては、「託児所があるのか~安いしヨガとかピラティスとかあっていいなあ」と思って眺めて終わるという日々でした。

でも、4月から通い始めましたがもう本当に先生たちもいいし、毎週楽しみに通っていてすごくいい息抜きになっています。

迷っていた理由は、

・託児所という場所が不安

→私自身が保育士資格をもっていて、保育園に勤めたことがあります。近所の保育士さんも公園などで見かけていたのですが、預けたいとは思えるような保育ではなく、近所の保育園に預けて働くという選択肢がとりづらい気持ちがありました。(待機児童など含めてその他にも要因はありますが)

・スポーツ施設が遠い

→車で行ければ10分くらいでいけるのですが、移動が歩きの私は長男のお迎えの時間のことを考えたり次男と通うということを考えると、難易度がありました。

・お金がかかる

→時間もお金もすごーく余裕があるというわけでもないので、働いてもいないのに習い事とは贅沢かな?なんて思っていました。

何もしなければ何もお金がかからないのでね。

私の不安が解消できた理由

・託児所という場所が不安

通ってみたらむしろ長男の幼稚園の先生よりもとても親身で、保育内容も良かったのです。1~2時間という短い時間ではありますが、細かいところまでよく見ていて、次男のよいところをたくさん見つけてくれ、可愛がってくれているのが伝わります。

私とも他愛もない会話で大盛り上がり。楽しくお話しできます。なんといっても子供を尊重するという一番大切なことが十分満たされました。

その先生との出会いが私にとって素晴らしい出会いとなったのです。同じく息子にとっても”ぼくのせんせい”ができて嬉しそうなのです。

毎回とても楽しみにしていて一度も嫌がることもなく行けています。初めての預け先で息子が泣いたりそれを受け止めたり出てくるかな。託児所にもある程度の不満等はあるかもしれない。などという覚悟があったのですが、吹っ飛びました。

転勤までの短い期間ですが、別れが惜しくなること間違いなしです。もっと早くに預けていればよかったと思いました。

・スポーツ施設が遠い

実際には、無料送迎バスがあって行きはそれを利用しています。帰りは、直接幼稚園に迎えに行くときは歩きで、それ以外は途中からタクシーを利用することも。

一日に2回しかバスが走っていないので、バスの時間、長男のお迎えの時間や次男とのお昼やお昼寝、私の受けたいレッスン時間などを考えて、実現できそうだと思ったのでなんとかやっています。

こういうの計算するのって意外とめんどくさくて「あ~無理そう」などと諦めがちなんですが、私の息抜きは急務と感じたのでしっかり向き合ってみました。

バスにはお年寄りが乗っていて、まるでデイサービスにでも行くような感じですが、そのほんわかぐあいも良くとっても楽しく息子と通えています。運転手さんも託児所に顔を出したりとアットホームです。

バス乗り場までは20分ほど歩くし、帰りもなんだかんだでよく歩いたりもしていますが、わが家の歩く生活が功を奏してなんとかやれているのかもしれません。

・お金がかかる

私が選んだレッスンはピラティスなのですが、1時間1レッスン1000円未満。託児所も2時間まで750円という安さ。1時間750円じゃないですよ?これはありがたいお値段です。

タクシーもワンメーター500円から550円ということで、何もしなけりゃ何もお金がかからないのは確かですが、いろいろと安くありませんか?

これもしっかり計算して、無防備に始めてしまって家計が圧迫するということがないように気を付けました。

リーズナブルでありがたい地域です。

ピラティスのウェアも用意して

スポーツを始めるのは久しぶり。

子供のときからバレエを習っていたので、大人になってからも全身を使った運動が大好きです。エクササイズは特に身体にしみついているので、独身時代はヨガや加圧トレーニングをやっていました。

久々にワクワクです。とりあえず全身ユニクロでお手軽に始めましたよ。

ピラティスの講師の先生のウェアも素敵でいいなあと思いますが、まずは週に一度ということでもうこれのみでやっています。たくさんウェアを増やすことも必要ないかなというシンプルな考えです。

やってよかったこと

託児所に預けて息抜きができるだけでなく、そこでの先生との出会いは大きいです。引っ越すギリギリまで利用しますよ~。

これは私はラッキーだったなと思います。

子育て支援センターなどに行ってみたこともありましたが、良い出会いというのがなかなかなく、あったとしても短かったので継続することができませんでした。

また、ピラティスの講師の先生のお人柄もあり、レッスンの生徒の皆さんもみなとっても楽しい人ばかりで、ワイワイしながらレッスンを受けられたのです。どちらかというと大笑いかな。

年齢層は私よりも10歳以上上の方たちばかりですが、子育ての先を行っている人たちとの会話は新鮮でおもしろいです。

県外出身の先生と個人的な話をしたり、長男の幼稚園のお友達のお母さんたちとはまた違ったコミュニティが持てたのがまた私には効果があったようでした。

身内が近くにいなくてもこれほどの出会いがあったのは私にとっては宝ですね。

引っ越しても同じ環境とは限りませんが、この成功体験を思い出して、良い環境を探して自分に優しく過ごしていきたいなと思いました。

思い切って預けてピラティスを習えて本当に良かったです。

まずはやってみること、大事なことでした。