【断捨離】服を捨てられないなら持っていてもいい。

年末年始に向けて、大掃除・お片付けを頑張っている方、お疲れ様です。

私は、18歳のときから数えると、合わせて7回の引っ越しをしています。

ということは、その都度大掃除の大片付けなわけです。そして、実家には帰省するたびに、お片付けを手伝っています。

そして、2年程前から本格的に断捨離を始めた私は、見事に家の中をスッキリさせることができました。

ですが、私がこれだけの回数引っ越して片付けるというのは、それなりに労力が伴うことです。途中からは小さな子ども付きですから、ものすごい意気込みでやっていた時期もありました。でも、引っ越しもしないお宅で、必要に迫られもしないで、どこまで片付けができるのか考えると、モチベーションが上がるかと言われると…難しい部分があるのは想像できます。

そもそも、そんなに片付いていないとだめなの?

もの捨てられないのに、泣く泣く捨てるのってどうなの?

そんなに無理して捨てなくてもいい!気が済むまで持っていたらいい!って思います。

お片付け好きのお片付け上手さんや、幸せを手に入れたミニマリストのようになりたい気持ちもあります。お金も貯めたいし、掃除をしてピカピカにしたい。

めざすのはいいけど、ゆっくりやればいいんです。

もの捨てるのなんて簡単じゃありません。簡単に捨てる人がいたら、それはその人の心はそれを感じられないくらい冷え切っているのかもしれないとさえ思います。ブログや雑誌などでは、文章や画像でしか表現することができないので、それを見て奮起して、それを目指そうとしてしまいます。実際私もそうでした。

ですが、ブログだから何事もなかったかのように見えるけど、いろんなドラマがあるんですよね。だから、心がぶれないわけはないし、揺れ動きます。当然。

結果、捨てた。片付いた。幸せ。

じっくり、ひとつひとつのモノと向き合った結果です。

誰かに言われたからと無理やり捨てても、リバウンドします。結局は自分で納得するまで、いる?いらない?と、向き合うしかないです。たとえ、それがいらないはずなのに、「いる!」と思って捨てきれなくても、自分を責めなくても大丈夫です。

これが今の私のクローゼットの様子です。現在着ている洋服全てです。

トップス4枚、ボトムス2本、ワンピース1枚、ダウンベスト1枚。

どう見ても少ない!!ですかね?

以前も、洋服を公開した記事でお話したのですが、おしゃれは楽しみたいけどたくさんあると着こなせないというのもありますが・・・

関連記事:【ワードローブ】私の洋服を公開します。

実際なんでこんなことが起きるのかというと、諸事情絡んでいます。完成だけど、未完成。

・節約も兼ねている→着つくして在庫がない

・沖縄は冬が短いからたくさんいらない

・沖縄の湿気は半端なく、梅雨にカビるので、クローゼットをスカスカにしたい

・同世代の人にあんまり会わないから毎日同じような服でも気にならない

・子どもが小さかったりして、以前持っていた服がどんどん出番を失う→手放す・着つくす

と、今思いつくだけでも、こんな感じです。

少なくなるには、それなりの条件がそろっていないとできません。

簡単には片付かないけど、やりだせば少しずつ少しずつ片付いていきます。

無理に今すぐに片付けなくてもいいということ、私は忘れないようにしたいです。