サンタさんからもらったクリスマスプレゼント【0歳~2歳】

来週には子供たちの待ちに待ったクリスマスがやってきます。

毎日サンタクロースの登場する絵本を眺め、

「サンタさんじゅんびしてるかなあ。」

「トナカイはいえまではいってこれないよねえ」

「まほうつかってくるんだよね」

などといろんなことを想像して胸を膨らませています。

サンタさんからのプレゼント、今までどんなものをもらったかなあと振り返ってみたいと思います。

プレゼントを選ぶのはサンタクロース

わが家ではサンタさんが子供たちに贈るプレゼントを一生懸命考えます。

どんなものが好きか、どんな遊びに今はまっているか。どんなふうに育ってほしいか。

顔も知らない会ったこともないサンタさんからもらえるプレゼントだからこそ、子供たちが思いつかないプレゼントも範囲にいれて贈りたいのです。

欲しいものなどは祖父母や、私たち親からいつでも買ってもらえるので、サンタさんからはもう少し夢のあるものをもらえるようにしていきたいなあと考えています。

なので、子供の欲しいものをそっくりそのまま買う…という感じにはなっていないのでそれを含めて見てもらえたらと思います。

サンタさんからもらったプレゼント

【0歳】

長男:指を使って遊ぶ音の出るおもちゃ

次男:うさぎのぬいぐるみ

長男のおもちゃはもう持っていないのですが、電池を入れて使う音の出るおもちゃでした。

今だったら買わないなあと思うものです。

たぶんトイザらスに売っている、ベビー向けのCombiから出てるものでした。

次男のものは、今も変わらず喜んで使っているものです。まだ一部では販売されているみたいですが、生産終了しています。

おしゃべりするうさぎちゃんのぬいぐるみ。うさぴょん、うさぽんと呼んで親しんでいて。

スイッチになっている部分は抜いて普通のぬいぐるみとして使ってます。当時はどんなものをあげていいのかとにかくわからず、急遽選んだものでした。

【1歳】

長男:アンパンマンのぶーぶー  

次男:アルビスブラン社 タワー

アンパンマンの乗り物で、消防車になっていました。音が出たりするにぎやかなもの。

外で遊ぶのに使っていて、よくベランダに出ては遊んでいました。

もうボロボロなんだけど、子供たちが大好きすぎて、捨てたくないというので、まだ家のベランダにあります。もうほぼ乗ることもないんですけどね。

これとは違いますが、こんな感じのです。

次男には積んで遊べる、ままごとの入れ物としても遊べるものをあげました。

高価かなあと思いましたよ。でもこの頃はおもちゃに対する私たちの考えとかも変化があったころで、使い捨てではない育ちを考えたおもちゃを用意し始めてたのでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アルビスブラン社 タワー
価格:10340円(税込、送料別) (2019/12/28時点)

楽天で購入

【2歳】

長男:カプラ

次男:がまくんとかえるくんのぬいぐるみ

ずーっと何だったのか思い出せず…、写真を見返すと、カプラでした。2歳だったけど、難しかった。いい音を楽しむでもいいのかな。ちょっと贅沢ですが。

がまくんとかえるくんのぬいぐるみ。肌触りのいいぬいぐるみを探していた時に、ブログでおすすめされていたので買ってみることに。今はもう販売されていないみたいで。
アーノルド・ローベル作「ふたりはともだち」のがまくんとかえるくんのぬいぐるみです。絵本の世界観が大好きな私の好みも大きいですが、子供たちもまた絵本好きなのでそこに登場するかえるたちだったら良いかなと。ごっこあそびも楽しそうでした。

今も大好きですよ。大切にしてくれていてうれしい。

まとめ

0歳から2歳までのサンタさんからのクリスマスプレゼントを紹介しました。

どのプレゼントもそのときそのときのことが思い出されて、振り返るととても懐かしく思いました。

次回は3歳から5歳のときのプレゼントについて紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)