掃除の負担を減らすためにやっていること

私は片付けとか整理整頓みたいなことは割と好きなのですが、お掃除はあまり好きではないのです。

やれば気持ちいいことも知っているので、最低限はやろうとします。

でも少し気を抜くとどんどん積もり積もってしまう。

だから掃除に関しては特に、できるだけ時間をかけずにやれるよう工夫しています。

まだまだ発展途上なのですが、掃除の負担は減っています。

換気扇はカバーをかける

家には換気扇が3か所あります。

・トイレ

・キッチン

・洗面所

この3か所にカバーをかけて、とりあえず直には汚れが付かないようにしています。

ここは、洗面所の換気扇。うっすらと白いカバーがかかっています。

100円ショップで大きめの換気扇カバーを買ってきて、サイズに見合うように切ってセロハンテープで張り付けているだけ。

トイレも同様にしていますが、洗面所とはサイズが違い、少し小さめ。

とりあえず切れるだけ切って、使い捨て。洗面所の下にジップロックなどの袋に入れてしまっています。

交換のタイミングは決めちゃうのがラクなのだと思います。

でも私はまだそこまでには至れてないので、洗面所でうがいをしているときにほこりが見えて気になってきたらにしています。

キッチンも網目に油が付いて大変なことになりたくないので、カバーで保護。

茶色く目立ってきたら交換。

ちょうどいいサイズに切ったカバーは、コンロ下の収納に入れておいてます。

換気扇カバーをつけておくだけでゴシゴシと掃除する必要がなくなります。

パッと見で良ければOKにしています。

掃除機も紙パック派

最近新しく掃除機を買いました。マキタの掃除機です。

買う前調べますよね?どんな種類があるのだろう?って。

紙パックできるものしか選ぶつもりがなく。

そのままたまったゴミを捨てる方が、紙パックを買わなくて済むのでいいなーと思います。

でも、静電気でほこりがへばりつくのを想像すると、断然紙パック派です。

換気扇カバーと同様に汚れが付かない方法を考えています。紙パックごと捨てられる方が、私には合っているようです。

なるべく汚れを付けない方法を選ぶ

掃除することは仕方ないことだと諦めず、多少コストがかかってもカバーをつけるなどの汚れを付けない方法を選んでいます。

直感で避けたくなるようなこと、逃げたくなるような見て見ぬふりをしたくなるようなことはできるだけやらない方がストレスもたまりません。

自分にできそうなことでどんどん負担を減らしていきたいですね。

やってみて合わないと思えばまたやり方を変えればいいので。

ちょっとしたことですが、また掃除の負担を減らしていることがあれば紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)