【時間術】家事の閉店時間を決めよう

家事が趣味の人はいつまでもしたい家事をしていたらいいと思うのですが、もうヘトヘトのヘロヘロなのに、ご主人やお子さんに尽くしすぎる主婦の人は注意が必要かと。

こちらは夜のキッチン。閉店いたしました。

私は、家事の閉店時間を決めています。一日中はしないように。

厳密に言うと、時間で決めているというよりは毎日の流れで、「この作業が終わったらもう私の時間」というふうに決めています。

なので、主人の夕ご飯は、用意しますが盛り付けて冷蔵庫にしまったらあとは温めるのも、洗い物するのも主人自身にお願いしています。

あと、お風呂も主人が最後なので、主人に洗ってもらいます。

一日の後半のタイムスケジュール(ある日の例。うまくいった日)

18:00

子どもたちと私で夕ご飯

主人の夕飯を盛り付け→冷蔵庫に入れる

18:30

私が洗い物をする

翌朝のごはんを炊飯器で予約

19:00

子どもたちと私で入浴

洗濯機をまわす

20:00

食器をふいてしまう

子どもたちと一緒に遊ぶ

20:30

洗濯物を干す

絵本を読む、歯磨きする

21:00

子どもたち寝かしつけ

私の自由時間

22:00

主人帰宅

入浴、食事

私の自由時間を満喫中

私その横でテレビ見たり、PCひらいたり、本読んだり、つくりものしたりして、遊んでます。あとは、私の話をきいてもらいます。

一歩たりとも主人のお世話はしない♪

子どもたちが寝たあとに、洗濯物を干すこともあるのですが、寝かしつけてから起き上がって干すの体が辛いんですよね~。だからなるべく子どもが起きているときに家事は終わらせるようにしています。

主人も協力的で本当に感謝!

これからも、主人のことは自分でやってもらって、私はメリハリもって家事をやっていこうと思います。