ミニマリストの子供部屋を初公開します

我が家の子供部屋をご紹介します。

遊び途中だったので、出ていたおもちゃを少し整えてあります。

子供部屋はリビングのとなりです。

間仕切りで分けられるようになっています。6畳ほど。

リビングはいたって物はほとんどありませんが、子供部屋はおもちゃが使いやすいような配置にしたいので、3段のカラーボックスを使っています。

転勤がまたあるので、大きな家具は買う気にはなれず、安いカラーボックスを多用してなんとかやっています。息子たちにも相談して、一緒に模様替えしました。

模様替えして新鮮だし、遊びも発展してすごく楽しく過ごせているようです。

【絵本コーナー】

この台の上で車を走らせることが多いです。積み木で建物を作ったり、この高さが使いやすいようです。

【積み木・汽車のコーナー】

※このゾーンは、お片づけはしなくてもいい場所にしています。いちいちしまってしまうと、一から作り出さないといけなくなり、遊びを発展しづらくしてしまうので。

この日はたまたますっきりしていますが、いつもはもっといろいろと出ています。

【ままごとコーナー】

たまに模様替えをして、配置を変えたりするのですが、見た目すっきりすることから、カラーボックスを壁に並べた配置をしていたんです。

こんな感じ。以前の子供部屋。おもちゃの量はさほど変わっていないのですが。

これはこれでよかったのですが、今の方が子供の反応はいいですね。

大人からすると、まとめておくとすっきりする気がしてなんでも、ボンボン入れ物に入れてしまいたくなると思います。でも、分類したほうが使いやすいし、ものを大切に扱うように並べる収納を取り入れていくようにしています。

おもちゃの量は、一定量を出してキープしていて、出していない分はクローゼットにしまって循環させて、いつでも新鮮な気持ちで遊べるようにしています。

おもちゃについては、子供の成長を考えた時に軽視できないと気づいてからは、いろいろと気を付けるようになりましたので、少しずつご紹介していきたいと思います。