おひなさまのしまう場所はここです

わが家は息子が2人なので、兜はあってもお雛様は持っていません。でも今年は、長男が以前幼稚園で作ったお雛様があったのでそれを飾りました。

工作で作ったものだけど、千代紙を使ったりして本物に近い感じで作られたものでした。

今日はそれをしまった場所を紹介します。

不織布の袋にしまいます

1年に1度の出番ということで、ほこりがつかないように不織布の袋にしまっています。

先日息子と工作の整理をしたときに思いついたのです。このお雛様は作品入れにしまうのではなく、季節の飾りというジャンルとして、クリスマスのリースとか、兜と同じようにしまおうって。

そして、毎年飾ることにしたいと思いました。

100円ショップのプレゼントを入れる袋がちょうどよい大きさだったので買いました。

次男のおひなさまの作品は、この前持ち帰ったので今飾っています。今は幼稚園を卒園した長男の作品が多めですが、次男のも少しずつ増えるかもしれないです。

しまった場所はここ

あそび部屋のクローゼット上段に置いています。

あそび部屋には、子供のおもちゃとか作品入れが置いてある棚があったり、子供の衣類がしまってあります。

上段の一部はこのように、季節ものの飾りをしまう場所にしています。

この茶色い大きなものは兜です。本当はほこりよけのために不織布にしまっているんだけど・・・たぶん夫がしまうときに忘れちゃったみたい。

クローゼットはそんなに大きくはないけど、深さは押入れタイプ並みにあるので、奥行きを生かしてしまえるものを。

やっぱりね、団地だから不思議な造りだったりすることは多いし、和室をリノベーションしているので、ところどころそういう古風なところはありますね。

ついでに隣にしまっているのは無印で買った入れもので、赤ちゃん用の絵本とか、つかってないおもちゃを少々しまっています。

左の大きい入れもの2つは、夫の大事にしているものだけど使わないのを色々と入れているのが一つと、災害用の備蓄を一部ここにいれています。

また収納のこともブログに載せていきますね~。

以上が、おひなさまのしまう場所でした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)