工夫する力は最強!リビングちょこっと模様替え

毎日家族が過ごすリビング。大幅な模様替えを目論んでおりますが、今はすぐには実現できなさそう。そこで、少しでも使い勝手を良くするためにちょこっとだけ模様替えをしました。

サンタさんが来てから増えたものもあったり、以前ブログで話しましたが、息子の学用品を置いているラックや書類ケースの配置換えをしたので、そのついでに掃除も兼ねてテレビ台下の整理をしたのですが、うまく収まりました。

テレビ台収納の配置換え

引っ越してから一年の間にテレビが壊れ、テレビ台も壊れ、ブルーレイも壊れ・・・一新しました。

テレビ台は造りのシンプルな無印良品のステンレスラックを。ミニマムに暮らしたいのでテレビを壁に括り付けたり、コンパクトな台に載せている人のを見ていいなあと思ったこともありました。

ですが、テレビ台の位置はわが家にとってリビングの特等席。あえてたっぷり必要なものが収納できるラックにしました。

【Before】

クリスマスの時期に撮った写真。

【After】

増えたのは、地球儀と工作ボックス。すごろくやカードゲームも「ボックス」にひとまとめ。

・地球儀

サンタさんからもらった地球儀もテレビを見ながら、図鑑を見ながら、確認したくなる時があるので、この配置はベスト。家族で使えてとても便利。見た目もリビングに映えるし好き。

・「こうさく」ボックス
息子たちが使う工作道具を入れているボックスを移動。中身は、はさみ、つまようじ、糸ようじ、竹串、ゴミ袋、モールなどの細々としたもの。

息子がよくテレビの前でボックスを出していたので、息子にも相談して、どこでよく作っていて使っているのか聞いてみて決まりました。

工作道具はぜーんぶまとめるのは難しかったので、細かいものだけまとめました。ここならセロハンテープも近いし良さそうです。

前はここにありました。

この時は習い事(絵画教室)の道具も一緒に入れていた。

・「カードゲーム すごろく」ボックス

トランプ、かるた、キンダーメモリー、ミニすごろくなどが入っている。

子供が使うものは基本的に見えるように一つずつ配置したいところ。その方が取り出しやすいし、「やりたい」という気持ちもわきます。

でも保育園と違って家庭ではそう場所もとれないので、細々としたものだけまとめてみることにしました。

なんでもかんでもすっきりさせるために隠しちゃうのはやりすぎないようにしたいとこだけど、やっぱりすっきりして気持ちいい。

OURHOMEの桐の木箱。黒板のところは白いチョークで書いて使えていい。

こんなにたくさんのチョーク使いきれるかわからないけど。一本売りしてるとこ見つからず。これでも少なめです。

工夫する力は最強なのです

最近思うのは、何気なく家の中のことをいろいろ手を加えてみたりして工夫していますが、これができるのって本当に最強だなって思うのです。

自分の頭で考えて、能動的に行動する。

「大人にとって都合のいい子」が褒められ受け身であることを美徳とする日本の教育環境の中で、自分の頭で考えて動ける姿を親としても見せていきたいなと思います。

それは私自身にとっても生き抜くうえで大事なこと。

これからも工夫しながら暮らしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)