【冬服から春服へ】どんな服が適しているのか考える

都心でも雪が降る。今日は窓から見える大きめの粒を見て、家族で外に飛び出しました。

最近暖かい日もあったからすごい差。

もうしまってしまおうかと思っていた毛糸の帽子や、雪に適した手袋をして、砂場のバケツを持って団地の下に行ってみました。

確かに粒は大きいけど、すぐに溶けてしまう雪。

きっと子供たちは雪だるまでも作りたいんだろうな。

雪に囲まれて過ごした私の子供時代と違って、彼らの冬はすごく過ごしやすそうに見える。

こんな風に少しでも雪が降ったら心躍るなんてなんかいいなと思ったのでした。私もなんとなく懐かしくて長靴はいて子供たちを追っていくなんて、はしゃいじゃったな。

さて、今日はこの冬から春へと移り変わる季節に適した洋服を考えてみようと思っての記事です。

みなさんどんな服にしましょうね?

まずは手持ちの冬服をまだ着るかどうか考えてみようと思います。

冬に活躍した服:セーター(厚手ニット)

まずはこの3着のセーター。

これは下に長袖インナーを着て着るものという認定。なので、春に近づいたからといって長袖インナーなしで着るというのは考えていません。

3月から4月にかけてって、すっごい寒い日もときどきあるから、難しいんですよね。でも一応天気予報が本土はよく当たるから、それを見ながら調節できるのでなんとかなりそうです。

沖縄だと週間天気予報って本当に信用できないですからね。スコールもあるから、本当謎なのです。

それで、この暖かいセーターは一応クローゼットにまだまだかけておきます。寒い日、今日みたいな日には着たいからね。

私は茶色とか持たないのもあって、春先もいけるのです。

冬に活躍した服:厚手ボトムス

この2着のボトムス。私は冬は下に厚手のタイツを履いて着ています。

これを昨年の春や秋には靴下を下にはいて着続けました。

だけど・・・靴下の長さが微妙なんです。横から切れめのあるデザインなので、自転車に乗ると素足がこっそり見えちゃったりしてなんだか気になる。

新しい靴下を買えばいいって?

もうこのパンツはボロボロなのでこの春でサヨナラする予定。新しく靴下を買うのはやめておきます。タイツを履いてしか履かないけれど、まだタイツを手放せないので、これもまた、まだ置いておきます。今月いっぱいまでの予感です。

冬に活躍した服:オールシーズン向けスカート

カシャカシャ素材の2着のスカート。

下にタイツを履いて着ています。ただね、実はタイツ3色、紺・濃いグレー・薄いグレーのうちの一番よく使っていた濃いグレーに穴があいてしまって先日捨てたばかり。

悔やまれます。

薄いグレーがあんまり好きじゃないというか、好きなんだけど私の足首が・・・濃い色の方がごまかせていいなって感じで、薄いグレーで足首を晒すのになんとも抵抗があります。そう、不安。不安な服はそわそわしちゃって着たくないんだな。

それから、私が履いているタイツは全部厚手で、いかにも冬仕様なのです。

秋だったら冬の先取りっぽくていいかもしれないけど、春だしなあ。

なので、思い切ってこの2着のスカートはしまうことにします。次にこのスカートが登場するのは夏です。素足でもOKな時期。

ストッキングが嫌いなので、タイツがはけなくて、素足にもなれない時期にはお蔵入りしています。

冬に活躍した服:紺色スカート

好きでよく着ている紺色スカート。なんか着心地がいいんだよな。自転車に乗ってもめくれ上がることがないし安心感でいっぱい。

う~ん、悩むけど、しまいます。薄手のニットをインして着るのも好きだけど、タイツの問題もあるし、秋になったらそれを楽しめばいいので、もうしまっちゃいます。

まとめ

ということで、冬服に活躍した服8着のうち3着をしまうことにしました。春は「冬よりの春」、「ど真ん中の春」、「夏よりの春」とありますよね。

ってこれはたぶん最近の暖冬の影響のせいなのかもしれないけれど、私がなんとなく思っていた季節の印象。

今日は「冬よりの春」の服の話でした。

今度洋服の話をするときは、「ど真ん中の春」に投入する予定の服たちを紹介しますね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)