季節の終わりには万能な薄手ニットをプラス

少しずつ季節の変化を感じる今日この頃。最近はブログでよく冬服から春服へ移行していく過程を紹介しています。

今日もそうです。

私が季節の終わりにいつも”つなぎ”として着用している薄手ニット。このニットをプラスするだけで季節の変化に対応しやすくなっていると思います。

薄手ニット2点をプラス

私が愛用している薄手ニットは、ネイビーとグレーのニットです。

私はごわつきが気になるので薄手ニットを着るときには、長袖インナーを着ません。下に着るのはタンクトップになります。

グレーのニットはユニクロのものですが、春物ではなくて秋物という感じです。冷感素材であったりUVカット機能の付いた春向けのニットではなく、薄くても暖かいですよーという素材の方のニットです。

同じくネイビーのニットもそうですが、昨年の秋まで着ていたニットが破けてしまったので、新しく最近買ったものです。

冬服はもうなかなか売っていないので、前のニットと同じような条件で探すのに苦労しました。気に入っていたからね。

【希望の条件】

・ネイビー

・リブニット

・冷感素材ではない

・首元がボートネック

・ピタッと着る

というのでしたが、なかなかなかったので、ニットの素材にウールが入っていないけど冷感とかよりは暖かいかもしれないから試しに買いました。

スクエアネックというのも横広がりのボートネックと似ているので、良しとしました。

薄手ニットを買う理由

外に出るとすっかり春らしい装いをしている人も見かけますが、まだまだ寒い可能性もあります。

ファッションを楽しんでいる人は寒くても暑くても我慢している可能性もありますので、同じような服装をすると思いがけない事態に陥ることになるかもしれません。

ってちょっと大げさですが。

ミニマムなクローゼットを心がけるのなら、もしかしたら洋服の数を抑えるために薄手のニットの下に長袖インナーを着て調節した方がいいかもしれない。

それに「厚手ニットは冬」、「薄手ニットは冬の終わりから春」などと、決めずに混ぜて使う方が少ない服でやりくりできるのかもしれない。

そんなことも考えてみましたが、私にとっては

・朝、服選びに迷いたくない

・寒さを我慢したくない

という点から、この薄手ニットをこのタイミングで導入するのがお気に入りです。短い期間かもしれないけれど、このシーズンは毎日でも交互にこのニットたちを着てしまいそうです。

春に大活躍のジーンズ登場

通念を通してジーンズは好まれていますが、私は昔から夏にジーンズをはくのは苦手。着脱のしにくさを感じます。

そして冬はなんともスースーして寒いのです。

だからこの春にはちょうどよく、大活躍してもらいます。

こうして季節の終わりにはジーンズもニットもプラス。

これから毎日飽きもせず、この3点ばかりを着る時期がしばらく続きます。

これはこれで思考も整い、最高なんだな。

寒いと感じる日や、寒い時間帯に外に長くいそうな日は冬服を。

今日は日が当たり冬服だと汗ばんでしまいそうだなという日には、この薄手ニットやジーンズを。

こういったメリハリで気持ちよくこの季節の変化に対応していこうと思います。

またコーデなど紹介しますね。あ、でもね、紹介するほどでもないですよ。一応鏡だと思って出して映してみて、私にとっての反省会にでもしちゃおうかと思います。

みなさん、お付きあいくださいませ~。

まだ売ってるみたいです。ブランドにこだわりはありません。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)