【大掃除メモ】洗濯槽クリーナーは使わない

着々と掃除をしています。

関連記事:【大掃除メモ】キッチンガス回りの掃除

関連記事:【大掃除メモ】お風呂場のカビを漂白剤で真っ白に

先週、ずっとやりたかった洗濯槽の掃除をしました。今日は、そのご報告。

洗濯槽の掃除は、数年前まで洗濯槽クリーナーを使っていました。

こんな感じのもの

これが酸素系の漂白剤です。

ですが、どれほどの効果があるのかイマイチわからず、ある日あまり掃除していなかったら何度すすいでもあの、ワカメのようなぺらぺらが出てくるのです。

それで、もっと洗浄力のあるやつを!

と、思って調べると、塩素系もあることを発見。

家電量販店で洗濯機の横で売られているということで、当時は店舗で買いました。今はネットで手軽に手に入るようです。

こんな感じのもの

塩素系です。やはり、洗浄力はすごいです。

出てきたぺらぺらの汚れは白くなりました。

たしかに、汚れが落ちた感じがしていいのです。

ですが、今は、洗剤をなるべく使わない生活を心がけているので、強い洗浄効果のありものは嫌です。

そこで、高温のお湯でやってみました。

やり方は簡単。

50度のお湯を洗濯槽の一番上まで貯めて、いつもの洗濯洗剤を入れて、スタートボタンを押します。

少し回したら、電源を切ってあとは一晩放置。

翌朝、また電源をつけて、スタート。

終了したら、ついている汚れをふき取り、汚れがとれるまで、電源入れて終了までやるを繰り返す。

外からは見えないですが、キレイになりました。50度もの高温のお湯で洗うのがいいようです。これで、10年使っている洗濯機もなんとかこの様子を保てています。

洗浄力の高い洗剤も、時には必要なこともありますが、お湯でもできることが分かりました。

日用品のあれも必要これも必要という買い物が減るだけで節約にもなるし、買い物する手間も減るし、いいこと尽くしです。

こんなんでいいのかーと思い、私は2,3か月に一回くらいやっています。

ぜひ、試してみてください。