今年の冬服はたくさん着たので全部手放します

暖かくなってきて、家ですらセーターを着ると腕をまくってしまうようになりました。

足もタイツで覆わなくても寒くはなくなってきたので、予定通り冬服を全部捨てることにしました。

冬服5点はさようなら

これがこの冬活躍した3枚のセーター。2回の冬を越しました。

これはこの冬にタイツとともに何度も履いたパンツ2点。汚れもそうですが、伸びきってしまいました。夏以外は登場していたので1年くらいになりますがとてもお世話になりました。

長袖インナー2枚とタイツも全捨て

長袖インナーは毎日着ていました。セーターを着るときは必ず着る。

インナーなどは毎日着用するものですが、私には2枚がちょうどいい。毎日交互に着ることで収納場所も嵩張りません。3枚だと使用頻度が足りずにもっと着た方がいいかなと迷いが出てきてしまうかもしれない。

2枚だと自信をもって、使い切ったと思えます。

翌年の分として残したとしても、やはり汗を吸いこんだりすると一年もたったころには汗染みが出たりします。

もし目立たないような色のインナーだとしても、くたびれたまま残して「さて、着よう」と翌年着ようと思って出してみたら、「あれ?着れるかな?どうかな?」と迷ってしまったことはありませんか?

そういった無駄な時間はなるべく減らして、他のことに時間を使いたいと私は思います。

何か基準を決めて、捨てるタイミングを決めておくと気分よく使い切ることができます。

もし万が一足りたくなったとしても、災害用の着替えに同じものを用意してあるのでそこから出すこともできるという手が残っています。まだそこから出して使うという場面はないのですがね。

タイツは3つを繰り返し使っていましたが、最近一つ、また一つと穴が空き、処分。最後の一つでしたが、こちらも毎年全捨てなので、処分。

かさばる冬服はためこまない

どんな洋服を残してどんな洋服を捨てようか、迷う季節かと思います。

でも、特に冬服はとてもかさばるので、要注意です。

この5着を全部残すのと、捨てるのとでは収納場所を考えたときに大きく変わるのです。

また、セーターは2年間着ましたが、3年間着るとなるとさすがに飽きるというのが私の性格。次の冬にはまた別のコーデを楽しみたいと思うのです。

その代わり、着ない服は一つもないという状態をめざす。そして大量の服を買わないというのが私の条件というか、基準。「この服買わなきゃよかったな」と、ときどき失敗しちゃうこともあるけれど、何度か繰り返すうちに板についてきて失敗も減ります。

何よりもこの少ない枚数で毎日過ごすとなれば、服の痛みもそれなりになります。

大好きでたくさん着ることができたので、思い切って捨てられる。そんな気持ちで空間もすっきりし、思考もクリアになりました。

また新たな洋服との出会いを楽しみにしたいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)