なぜ私はこれを捨てるのか?モノを処分するときは必ず振り返る

今週は私の中で必要だと思い込んでいたもので、捨てられるものはないかとモノの見直しをしていました。

できれば前の家から持ってきた収納用品をできるだけ少なくしたいと思って取り掛かっています。

やはり同じものを使えることもありますが、なかなか難しいものです。

収納用品を捨てる前にその中身をどうするのか決めなくては困ってしまうものばかりです。

まずはどれを捨てるのか、どこかに移動できそうな場所はないか見直し中です。

このときにとても大事なことがあります。

買った理由、手放す理由を振り返る

それは、今手放そうとしているものを買った理由。そして、なぜ手放そうと思ったのかを振り返ることです。

何度片づけをしても、それが分っていなければまた同じ過ちを繰り返してしまいます。

買ったものではなくてもらったものでも、同じです。

どうやってそのものがわが家に入ってきて、今手放したくなってしまったのか。

目をそむけたくなる理由の場合もあるし、見つめたくない領域のことの場合もあるかもしれませんが、無理に深く掘り下げなくとも、シンプルな理由でも構わないと思います。

今日私が捨てたもので反省会

それでは私の反省会をしたいと思います。もし似たような理由で迷っているものがあれば参考にしてみてください。

まずは捨てやすいものから。

・ピンクのカーディガン

モコモコ素材のこちらのカーディガン。唯一の家着というか、絶対に外には着ていかないパジャマの上から着ていたものです。

お風呂上りに子どもを寝かしつけた後に着るものでした。

これを捨てる理由は、3回の冬を越え着つくしたからです。それなら捨てやすいです。でもまた次の冬にもこういったものが必要になるかもしれないので、せっかく捨てるなら、もう一つ考えときます。次買うとき、またピンクにするか?またこういうモコモコにするか?私の答えは特にこだわらない。でも次買うときはもう少し長く着れるものにしたい。

といったような感じで振り返ります。

次は使っていないもの。

・青い入れもの、黒のコート、ブラウス

青い入れものは子供の頃に親戚からもらったもの。デザインが好きだが、どうしても使い道がない。名前入りで捨てづらかった。

黒のコートは葬式のために買ったもの。次の冬はネイビーのコートを買う予定なのでこれはもういらない。

一度も着なかったブラウス。着ていく場がない。着心地がよくもない。仕事の面接の予定はない。次困ったら買うで問題ない。

次は今後使わなくて良さそうなもの。

・黒の袋、トコちゃんベルト

今までは法事用の道具を入れていた黒の袋。葬式ではサブバッグとして使っていた時もあったけれど、デザインが好みじゃない。亡くなった祖母への憧れから捨てられないでいた。なくても困らない。

トコちゃんベルトはずっと使っていない。産前産後ではない。腰痛のときも使おうとしなかった。

といった感じで、反省会が終わりました。

まとめ

こうして反省会を繰り返すと、捨てるときも買うときも本当に気を付けるようになります。

これで私のクローゼットは少しすっきりしました。

どんなに片付けが進んでも、意外とこんなものまで残していたんだと思ったりするものです。

こうして振り返り、これ以上無駄なものを家に寄せ付けないようにしたいです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)