病院で処方された薬の保管方法

数日前、長男が風邪をひいて近くの小児科に行ったのですが、薬局で薬を処方されました。次男の目薬も入れると、4種類くらいもらいました。

薬はだいたい白い封筒に入っていますよね。粉薬なら連なったまま。私が家に帰って、まずやるのは、薬を使いやすいように配置することです。まあ、子どもが具合いが悪いわけなので、様子によりますし、時間にもよりますが。

今回もらったのは、とんぷくの粉薬、目薬、シロップ、もうひとつ粉薬でした。

とんぷく以外は全部、白い封筒から出しちゃいます。あの封筒に書かれているのは、だいたい名前と一日何回と書いてあるだけなので、捨てちゃいます。

封筒から出した薬がシロップや目薬なら、冷蔵庫のドアポケットの一番出しやすいところにしまいます。たぶん、ドレッシングのとなりとか。そして一緒に副作用のことなど書いてある紙も入れときます。

今回は、粉薬を2種類もらいました。

とんぷくは毎食後に使う必要性はないので、出番は少ないし、使わないかもしれないので、一番取りやすいところには置かず、冷蔵庫のドアポケットの上の方に、冷蔵庫保管しておきたい薬のコーナーを設けているのでそこに置いておきます。高熱で病院にいくともらうとんぷくは半年から一年持つそうなので、コーナーを設けておけば、困ったときはそこ見て確認して、医師にもありなしを伝えられます。

うちの場合はあまり病院にかかることがないので、だいたい切れちゃいますが。

とんぷく以外には、そこに、熱さまシートもおいてあります。あると気持ちいいので、使ったりしますね。

そして、本題なのですが、毎食後に飲む粉薬!

これはここ数年の定番の配置なのですが、食器棚に入れています。

グラスにこのようにして収納しているんですよ。

もらった薬、連なってますよね。全部切り離して、グラスに入れます。副作用のことが書いてある紙も折りたたんで入れます。

そして、その日に飲む分、例えば一日3回なら、3袋取り出して、クリップに挟んでおきます。これで、「あれ?朝飲んだっけ?」とか間違えないし、私が薬の全責任を負うこともなく、旦那さんとも一緒に薬を管理できるのでいいです。

このグラスは同じものが2つあって、そんなにどうしてもこれじゃないとダメってことはないので、薬を入れるのはこれと決めて、そのまま、食器棚のこのグラスを収納するところにポンッと置いています。

私はいつも、家に新しい侵入物があったら、その配置を決めるようにしています。どうやったら使いやすいかな。どうすれば、家族と共有できるかな。と考えるのが結構好きです。しかも、家の中にあるものでできちゃえれば、簡単でいいですよね。

いつもの定番のやり方で、家族も覚えてくれれば、なんでもかんでもお母さん、奥さんがやらなければならないとはならず、いいです。

飲みきったら、あの副作用の紙を捨てて、おしまいです。いつまでも、小さなビニール袋に、白い封筒に入った薬と領収書などの紙類を入れっぱなしにしていると、なんとなく家の中にそういうものが貯まっていくので、さっさと片づけてしまうとあとあとラクです。

それにしても、あまり病院にお世話にならずに過ごせたら一番なのですがねー。

以上、薬の保管方法でした。