夏休み中に子供部屋を模様替えしよう

私の家では、よく模様替えをします。と言っても、家具などもそれほどなく、リビングや寝室は特に変わらないのですが、子供部屋は違います。

子供のおもちゃが収納されている棚がいくつかあったり、ままごとキッチンがあったりします。

全貌はこんな感じです。

少し前までは、壁にそって棚を横一列に並べていたのですが、それだと遊びにくそうであったり、おもちゃが混ざり合ったりしたので、子供と相談して変えてみることにしました。

手前の棚は、主にリビングで使うものを収納しています。

近くのホームセンターで買ったものや以前住んでた住まいから持ってきた長年使っているものもありますが、普通のカラーボックスです。

動線がいいので、おもちゃをリビングのテーブルに持ってきやすいですし、棚の上にある積み木はそのままでも使うことができます。

今は、棚いっぱいに置いていますが、おもちゃをときどきしまったり出したりすることで、子供の興味も変わっていくことを感じます。広々使えたりもしますしね。

大きな改善点は、クローゼットに置いてあった引き出しを寝室に移動させて、クローゼット半分をままごとスペースにしておうちのようにした点です。

近頃、おままごとから遠ざかっていた息子たち。年齢も上がってきているせいもあったり、今夢中になっているおもちゃが積み木や汽車、車中心になっていることもありましたが、配置を変えるとどうなるのかなとやってみました。

よくいくホームセンターに、木でできたおうちがあって、そこで遊ぶのがすごく好きなので、そういう狭い場所とかがいいのかなと思って参考にしました。最初はダンボールで何か作ろうかと思ったのですが、ある物の中でやってみてからにしようと思って、いざ、お引越しです。

反響は、良かったですよー!!隠れ家的な感じで。

ついでに、写真にもありますライト分かりますか?

これは一応災害用に用意しているライトなのですが、見つけてきて、ライトをつけ、クローゼットを閉めてよく遊んでいます。センサーライトでもあり、懐中電灯でもあり、置き型でも使えるので、やりやすいように選んで使っているようです。たまにつけっぱなしなのですがね。

おままごとの、本来の遊びも充実しています。お料理したものを「食べてー」と運んできてくれることもあります。

お部屋の模様替えをすると、新鮮な気持ちで遊べるのが最大のメリットです。また、使いやすさや動線が変わるだけで、遊びへの関心もかなり変わります。

また、模様替えのときになぜ夏休みがいいのかというと、子供と相談しながらできるからです。部屋を片付けたりするときに、親の立場から見たこうした方がいいという思いとは別に、子ども目線の気持ちも尊重してやりたいという思いが私にはあります。

ときどき、そんな配置?と思う提案もありますが、一度は聞き入れてみたり、他のアイディアを提案したりして、織り交ぜながら今はやっています。

この配置も良かったですねー。

棚を横一列に並べていたときは、汽車で遊んでいる人と、シルバニアやレゴで遊びたい人が同じ位置にいてぶつかってトラブルということもよくあったのです。でも、この位置にしたら、そういうトラブルはなくなりました。それに、レゴの細かいパーツが、積み木と混ざるということもないですし。探すのちょっと大変だったんですよね。

あと、左の白い入れ物に入っているのは、パズルなのですが、パズルはリビングでやるので、よりリビングに近い方がいいかなという感じで、これも良かったようです。

ミニカーと玉の道、トミカの道路、汽車セット、積み木…あたりは、似たモノ同士なので、近くにあって遊びやすくなりました。

掃除のしやすさとかも大事でもありますが、遊びが充実することに勝るものはないので、細かいほこりなどはあまり気にせず、気づいたときや、できそうなときにばばっとやってしまっています。

模様替えの際に一度リセットできるので、お片付けついでに模様替えおすすめです。お子さんと一緒に遊びやすい空間を考えてみてはいかがでしょうか。

暑い夏ですが、我が家は室内遊びも充実させて、満喫しようと思います。