子供とのお絵かき遊び~絵本のおはなしを歌うように描く~

前回は、クレヨンでダイナミックに遊んだことを書きました。

【関連記事】クレヨンのさんぽ~子供のストレス発散~

今日は、その続編になります。

ただ、ぐるぐると描くだけでも、ストレス発散になり、開放的な気持ちになります。で、私もそれだけでいいや~と思っていたのですが、長男のひらめきにより、楽しく発展したので、そちらもご紹介します。

私が、ネットで注文した時にダンボール箱に詰めてある紙を取り出し、ガムテープでつなぎ合わせている時点で、長男は気づいていたようです。

『あ、あの絵本にのってたやつと一緒だ~』

それが、こちらのシーン。

ご存知の方はいますか?私は大好きな絵本です。

雨で、芋ほり遠足に行けなかった園児たちが、一週間後に延期になったおいもが大きくなるんじゃないかと想像して、先生にお願いして大きな紙を持ってきてもらい、お芋を描くのです。

息子たちと絵本を広げて描いたのがこちら。上の方にある赤いのがお芋です。大きめ。

そして、大きなお芋を引っこ抜くシーン。長男に言われ、右上に描きました。

絵本を読みながら描いていきます。歌うようにリズムよく♪

「うんさか ほんさか」ノリノリです。

「どってーん」で、大盛り上がり、演技入って、みんなでどってーんと転がってキャハキャハいってましたよー。

船になったところで、水色のクレヨンでぬりぬり。

絵本と同様に、お顔を描きましたよ。

もう一度、うちで描いた絵はこちら・・・

最後に、食べるシーンでは、パクパク食べました!

絵本のお話に沿って、絵を描きながらお芝居?小芝居?も楽しめて、クレヨンのさんぽのつもりが意外と発展していきました。

次男も私と一緒に色をぬったり、演技をしたりで、2歳ながらに楽しめていたようでした。

夏休みに入り、また毎日2人の子供たちと過ごす日々ですが、楽しみにしていたのに大変なことも多くあります。私と同じ気持ちのお父さんお母さんはいますか?

私は幼稚園の先生をしていたことはありますが、子育てがうまくいっている方ではありません。また、先生をやっていた期間も短いので、あまり実践は踏んでいないので、お母さんになってからようやく楽しみ方を見つけていっている感じです。

私は、子供と遊びを通して、心通じ合えている気がします。親子のコミュニケーションはいろんな方向からできますし、大げさなことをしなくてもちょっとしたことで大丈夫なのかもしれませんが、遊びから通じ合えることもあるので、ちょこちょこブログにのせてみようと思っています。

簡単に楽しめるので、もしよかったら一緒にお絵かきしてみてくださいね。