【何もつけない美肌術】私が洗濯洗剤にトップクリアリキッドを使っている理由

シンプルな生活を始めたころに、いろいろなものを断捨離していました。私の場合は、家の収納場所が少なかったので、定期的に使っているものを「これ必要かな?」と考える癖がついていました。自分のめざすごちゃごちゃしていない空間を手に入れるために、いろいろと見直していたのです。

洗濯洗剤や柔軟剤もそのうちの一つ。見直しを考えていました。

洗濯洗剤、手洗い用の洗剤、柔軟剤、漂白剤…どれか減らせないかな?

そんな時に出会ったのが、こちらの本。

牛田専一郎さんの「何もつけない美肌術」

シャンプーは使わない、石鹸は使わない、日焼け止めは塗らない…など、え???大丈夫なの?と思うような驚きの提案をされています。

その中でも、今でも続いていることがあります。

洗濯洗剤はライオンのトップクリアリキッドを使って、柔軟剤は使わないこと!

牛田さんが研究したところによると、洗濯洗剤には、刺激のある物質(シリコン等)が含まれていて、洗濯した衣類にその物質が残ってしまうそうなんです。そして、肌を刺激して、赤みが出たりかゆみが出たり、お肌が荒れる原因になると。

現在市販で販売されているものの中で、トップクリアリキッドだけがそういった残留物質がないそうなんです。

なので、牛田さんはおすすめされてました。

柔軟剤は、油の膜で布地をすべらせて柔らかくしているそうなんですが、界面活性剤という刺激的な物質がどうしても残ってしまうみたいです。

肌が強い人はいいけれど、肌が弱い人にはおすすめできないと。

ならば、柔軟剤は使わないで過ごしてみようと思って、やっています。

我が家で柔らかさが求められるのは、タオルくらい。あとは、慣れで気になりません。

タオルは、家(賃貸)に備え付けの衣類乾燥機があるので、それでふんわりさせることができます。

人は、子どもの頃からやっていたこと、親が使っていたもの、学校で教えられたことなどに影響されやすいです。習慣化されて身についてきたことはなかなか覆すことができません。

一度、試してみてはいかがですか。