3歳児におすすめの図鑑はこれ!『はじめての生きもの図鑑』

わが家の長男が3歳のときに、初めて図鑑を買いました。

図鑑についてなんのリサーチもしていない時に本屋さんで出会って、ひとめぼれして買ったのが、こちらです。

『はじめての生きもの図鑑』

上野動物園園長 土井利光 監訳 梶山あゆみ訳 宝島社

まず、上野動物園の園長先生がつくられた図鑑というところで、興味がわきますよね。

哺乳類、鳥類、はちゅう類と両生類、背骨のない生きもの、魚類、に分かれています。

目次はこちら。

(引用:『はじめての生きもの図鑑』 宝島社)

この図鑑のすごいところは、写真が大きくてダイナミックなところです。

DVD付きではないのですが、まるで動物が動いているような、今にも図鑑から飛び出してきそうな、躍動感あふれた図鑑になっています。

例えば、みんなに人気のパンダのページなんて、こんな感じで、ドアップです。

(引用:『はじめての生きもの図鑑』 宝島社)

どのページの生きものも、このように大きなサイズで迫力のある写真が楽しめます。

実は、この図鑑、我が家の2代目なんです。

買ってから、長男が毎日食い入るように見ていたんですよ。大好きすぎて。

修理しても修理しても、背表紙がパックリはずれてしまって、次男も控えていたので、思い切って新しいものに買い替えました。

今でも、息子たち2人から大人気で、ボロボロです。

始めて買う図鑑にはちょうどいいと思います。

いろんな種類の生きものが一冊にまとまっていて、鮮明な写真でとてもリアル。イラストとは違うので、

「本物だ!」という感動があります。

次男は1歳くらいのときから眺めていました。今、2歳後半ですが、長男と性格は違うので、はまり方に差はありますが、毎日のように手にとっています。

大人にとっても、とても見やすくて、一緒に楽しめるものですよ。