キッチンバサミを選ぶ5つのポイント

キッチンバサミなんてどうせ食品の袋を切るだけだから、安いのでいいな。って、最初は思っていたんですよ。

でも、家の中を片付け、厳選されたモノの中で生活するようになると、自然とお気に入りのモノを買いたくなってくるんです。

こんな体験されたことがある方もいるのではないでしょうか。

今日は私が使っているキッチンハサミをお見せしますね。これ、キッチンバサミっていつもいってるけど、キッチンハサミとして売ってました。

関孫六 匠創 鍛造キッチンハサミ です。

それでは選んだポイントをお話しますね。

①切れ味がいい

切れ味抜群!文句なしです。

3年使っていますがまだまだ使えそうです。

関孫六さんのシリーズはいろいろ持っているんですよ。包丁もそうだし、散髪用のはさみ、包丁研ぎもです。

切れ味は包丁で実証済みだったので、期待を込めて買ったら大当たりでした。

生の鶏肉や豚肉も切りますし、焼きのりもこれで切ります。

②さびにくいステンレス

これはオールステンレスになります。

家庭科の調理室にあるものも、実家にあるものも、私が最初に買ったものも全部、最後はさびて使いづらくなるっていうことがありました。そして、たいてい、さびてもそのまま使い続けてしまうという…。

でも、それが嫌だったので、丈夫でさびないステンレスの方がいいと思っていました。

そして、それは大正解でした。

③洗いやすい

これ、本当に洗いやすいんですよ。

取り外せちゃうから。

私がキッチンバサミで切りたいのは、食品の袋だけじゃないんです!

そんな使い方だけじゃもったいないくらい切れ味がいいです。

生のお肉や、ウインナー、ベーコンなども切りますし、調理済みのおかずもこのハサミがあれば小さく切ることができます。離乳食の必要な赤ちゃんや、まだまだ大きすぎると口に入らない乳幼児がいると、とっても便利です。

BBQに行くときに、持って行ったりしますよ~。大活躍!!

どんなに汚れても洗いやすいので、使い終わったらささっと洗うことができます。

④美しいデザイン

オールステンレスだと、一色じゃないですか。

だから、統一された感じが、とてもシンプルで素敵だなーって思います。

好みだと思うのですが、毎日使うものならお気に入りのモノを持ちたいので、このシルエットは理想的でしたね。

飾っても素敵。キッチンに置いてあるだけでも画になりますよ~。

⑤置くとハサミの先が浮く

分かりますか?浮いてるの。

これがかなり便利です。ハサミって使ったらまずテーブルや台に置きますよね。そのときに、ハサミの先が汚れていたら、普通付いちゃうじゃないですか。でも、これなら汚れたハサミをテーブルに置いても安心です。

以上が、キッチンバサミを選ぶ5つのポイントでした。

毎日使っているくらい出番の多いキッチンハサミ。

切れ味が悪くなって寿命を迎えても、また同じものを買いたくなる気がしています。

オールステンレスはさすがに重いわという方は、こんなのも人気です↓