「おもちゃは荷物になる」を解消する絵本があります

そう、それはとても薄い絵本。

お出かけの時に持っていきたい絵本、かさばるんですよね~。

でも、そんなお悩みを解決できる絵本があります。

『あかちゃんとあそぶ絵本 全4冊』角田 巌 ぶん・角田昭子え  文化出版局

薄さはなんと、1冊あたり5mm

この絵本のいいところは、薄さだけじゃないんです。手遊び入りで、スキンシップのやり方のコメントが入っています。

(引用:『あかちゃんとあそぶ絵本 全4冊  文化出版局』)

とっても丁寧です。

こういうスキンシップをとれるような絵本だと、待ち時間にいいですよね。長男が赤ちゃんの時に買った絵本なので、もう長いですが、未だに好きで、よくよんでいます。

待ち時間ってスマホ渡しちゃえば静かになるのでしょうが、私は小さなうちからスマホの楽しさを知らなくていいと思っているので、なるべくこういう原始的な絵本を持っていきたいですね。

絵のタッチもすごく古風なかんじで、落ち着きます。

そういえば、長男が赤ちゃんの時は東京に住んでいたので、電車に長く乗るようなこともけっこうあって、絵本もよく持って行っていたんです。

そのとき、「なるべく小さいものをー」と思って、買った絵本がありました。

それは、手のひらサイズの小さな絵本でした。

フラッシュカードみたいに絵に名前がついていて、たとえば、みかんの絵が描いてあったら、下に大きな字で ″みかん″ って書いてあるような。厚紙でできていた絵本だったので、口に入れても破けないものをと思っていたけれど、知育教材みたいで、必要のないものでしたね。その絵本見ても、感情がわいてこないというか。買って失敗した絵本でした。

そういうものよりも、やっぱり心が動かされるような、楽しい絵本のほうが好きですね。ここまで薄い絵本はあまり見たことがなかったので、持ち運びにも便利でお出かけの際にはいいものでおすすめです。