ゴミを捨てるためにゴミを増やさない

ゴミを捨てる時に使うものは、まず誰もが、ゴミ袋ですよね。

わが家では指定のゴミ袋を使っています。

あとは、これは地域柄が出ると思うのですが、私の住んでいる地域では、かご又はプラスチックの入れ物も使います。

これは資源ごみを出すとき、空き缶・空き瓶・ペットボトルは、自分の家からかごやプラスチックの入れ物に入れて、出しておかなくてはいけないから必要なのです。

でも、それ以外にゴミを捨てるためにいろいろな道具を使うことがありません。

例えば、段ボールを資源ごみで出すとき、何を使っていますか?

私の家では、ガムテープを使ってまとめています。

最初は、ビニール紐 ↓ を使っていたのですが、これは明らかにゴミを捨てるために用意したものでした。

この紐をほかに使う目的がなく、子供がひっぱってたくさんでてきてしまうというアクシデントがきっかけで見直すことにしたのです。

これは最終的にゴミをまとめるためにゴミになっていくという…悲しい運命なのです。

でも、ガムテープはどうですか?

こんな風に、梱包するときにも使うことができます。

なので、ガムテープはゴミを捨てるために買っているわけではないのです。そして、テープなので崩れる心配がない。

ゴミの捨て方はその地域ごとにルールがあり、自分でなかなか工夫することが難しいことも。

例えば、資源ゴミを出すときに、ちらしや空き箱も出していいのですが、それを紙袋に入れて出すのはダメなんです。前住んでいた家では良かったんですがね。

あ、でももし、紙袋に入れて出していいのなら、資源ごみをまとめるために紙袋を利用している人は、紙袋もストックしたくなりますね。

キレイなものや高級なものは、人にあげたりするためにとっておいて、ちょっと傷んでいるものは、ゴミを入れるために…。

やっぱりこれでは、ゴミを捨てるためにゴミを増やすことになってしまいますね。

大きなものではないけれど、こういった1つ1つの小さなモノが増えることで、困ることもありますね。

私は、モノが少なくなって快適ですが、それが誰しもに当てはまることではないと思っています。また、そんな小さなことなんて気にしなくったってどうとでもなります。

もっと大事なことだってあるかもしれません。

いつも念頭にはそのことがあって、でも、モノを減らしていく過程を考えたときに、思い出したのでお話してみました。

誰かの役になっていれば、幸いです。