【防災④】新品の下着をストックする

本日、9月1日は防災の日です。

できる限りのことをやっていきたいと思って、準備を進めています。前回は、【防災③】乳幼児ママが避難するときに用意したいものについてお話ししました。

今日は、わが家でストックしている下着について紹介します。

下着のストックが必要です

子供2人と私は、下着のストックをしています。

真夏は1日に何度か着替えをするので、1,2枚じゃ足りません。

でも、普段使っているところに、大量に下着を置くと収納場所がかさばりますし、取り出すときもしまう時もやや手間がかかると感じています。

なので、普段使っている下着とは別に下着のストックをしています。

ストックが災害時の役に立つ

子供たちの下着のストックです。

左から次男シャツ3枚、靴下3足。長男シャツとパンツ2枚ずつ、靴下3足。

私の場合は、ショーツ2枚、カップ入りタンクトップ2枚、靴下2足。

(長男は幼稚園に通い始めたので、普段使っているものが今は5、6枚あります。)

関連記事:【子供服の収納】簡単に身支度できる収納にしました

例えば、秋冬など着替えの必要が少ない季節では、下着は2枚くらいでも足りてしまいます。

使い切る感覚です。

でも、それだと、

「もし何かあったらどうするの?」

という心配も出てきます。

万が一のためにと考えて、対応できるように用意することは大事なこと。

ちなみに夫はストックを持たず、全部普段使うところに入れています。人それぞれで。

下着の替え時は衣替えのとき

下着は、衣替えの季節と同時に入れ替えることが多いです。

今年は、今のタイミングです。

半年ほど着て消耗してきています。

ものを手放す前はいつまでも古い下着を使っていたのに

変わるものです。

使い切って気持ちよく手放せるようになりました。

なぜ新品なのか

被災した時のことを考えるなら、とりあえず古いものを入れておくのもありだと思います。

好みの問題ですね。

古い方が安心感が持てるのか、新しいもので新鮮な気持ちにするのか。

実際、下着を入れ替えると、一時的に新しい下着がなくなるので、古い下着を入れておくことになります。

ですが、古い下着を残しておくよりも、新しい下着の方がこれから使うものなので前もって買っておき、替えたいときに替えられるのでいいなと思っています。

でも、新品なのはいいですが、着たことがない商品は一度試してみたほうがいいです。着心地やサイズ感など違ったら、不快でしかありません。

古いか新しいかは、家族と相談して反応を見てみることをおすすめします。

保管場所はどこか

ずいぶん前に撮った寝室の写真です。収納の様子微妙に変わっていますが。

上のほうにあるバッグわかりますか?茶色の。ここに入れています。

開けるとこのような感じで、私のものは紫の袋の中に。

アンパンマンの巾着が息子たちの分。

緑の袋は空ですが、夫のを入れる予定。

このバッグは、一次避難のときに、まずはじめに持っていくものではありません。

バッグ好きの私は、バッグも収納用品として使っているのです。

被災して家で過ごすかもしれません。その時はここから取り出して使う。

もし、避難して滞在することになったら、一度家に帰ってくる想定です。

その時に、非常持ち出し袋とは別に、改めて持っていくものだと考えていますが、入れ物としてふさわしいとも思えない(重い、高価)ので、新たに買う予定ではありますが、今のところここに入れています。

まとめ

新品の下着をストックしておくと、いざというときに役に立ち、衣替えしたいタイミングですぐに使えます。

さあ、新しい下着を注文しようっと。