【防災⑤】とっさに逃げるときの非常持ち出し袋の中身

9月1日が防災の日であったことから、わが家での災害準備を紹介しています。

前回は、【防災④】新品の下着をストックするでした。

やらなきゃと思っていても、なかなかうまくいかないのが防災備蓄。

ここは、信頼できるプロに任せるのが一番と思っています。

整理収納アドバイザーで、防災士の岡部理恵子さんのやり方を参考にしています。とても研究熱心なすごい人なのに、主婦目線で考えてくださるので、かなりお世話になっています。

非常持ち出し袋は、一次避難で使うものを入れています

一次避難は、例えば地震だったら、地震が起きてとっさににげるときのこと。命を危険にさらさないためです。

なので、避難所で長く滞在するためのモノを入れるわけではないので、いわゆる3日分の荷物というのはここには入れてません。

まずは、逃げるためであって、そのあと長く滞在することになったときを想定した荷物は、別でまとめています。

そう考えると、非常持ち出し袋の中身、思ったより少なくて済みそう。

非常持ち出し袋は2つ

わが家の非常持ち出し袋は、2つあります。

①大人1人分

②大人1人分、子供2人分

かなり吟味して選び抜きました。

非常時に、家族全員が家にいるのか、どんな組み合わせで家にいるのか分からなかったので、2種類に分けています。

①大人1人分の中身

一応、夫は息子たちと3人だけになる確率は低いので、夫が一人のときに必要なモノにしています。あとは大人1人分と息子たちの分のとこには入れてないものも入れているのが特徴。

①レインコート②アルミブランケット③水④カロリーメイト⑤サランラップ⑥ガムテープ⑦タオル⑧手ぬぐい⑨ノートとペン⑩グローブ⑪アイマスクと耳栓⑫簡易トイレセット⑬ゴミ袋⑭歯磨きシート⑮ティッシュ⑯ばんそうこう⑰マスク2種⑱懐中電灯と予備の電池⑲ラジオ⑳ホイッスル

②大人1人分、子供2人分の中身

おそらく、一番出番がおおそうな方です。

私が背負う設定で、量を調節しました。

①レインコート②アルミブランケット3つ③水2本④カロリーメイト2箱⑤手ぬぐい⑥グローブ⑦アイマスクと耳栓⑧簡易トイレセット⑨ゴミ袋⑩歯磨きシート⑪ティッシュ⑫ばんそうこう⑬マスク2種⑭手回しライト⑮ラジオ⑯ホイッスル(写真にはないですが3人分)

背負って重さを確認する

【防災】乳幼児ママが避難するときに用意したいもの で話した、長袖のシャツを入れるというのは、やめました。

リュックを背負ってみての重さで、減らしたので、こうなりました。

何グラムかどうかは関係なく、自分にとっての重さですね。

ミニマリストでも災害準備に力を入れています

これが私の必要最低限だとしたら、やっぱりこれもミニマリストならではなのかなと思っています。

リュックの中身、多く感じますか?少ないですか?

ミニマリストだからと言って、なんでもかんでも少なく持てばいいというものでもないし、重すぎては大変。

わたしにとっては、災害準備をすることは大切なことで、命を守るために必要なモノを吟味して入れますが、なかなか難しいとも感じます。模索中。