洋服の手放し方~買取専門店に持っていきました~

夏の終わりを迎え、秋の装いに向かう時期ではありますが、現実問題としてまだまだ暑いです。

昨日の記事では、まだまだ、捨てるものがあるんだ

の中で、手放したものを紹介しました。

特に季節の変わり目を意識したつもりはなかったのですが、今、捨てたいモードに再び突入しています。きっと、昨日読んだブログのでせいかもしれない。

人が捨てている話を聞くと、感化されます。

昨日、洋服や、サイズの合わない靴などを買取専門店に持って行ったので、今日はその話をしようと思います。

いつも洋服は使い切っています

夏のクローゼット

私はもともと、ファッション通ではなく、大量に持っているということはありませんでした。それでも、結婚前はそれなりの種類や量は持っていたし、着ていないものも、いつかやせたら着ようとしているものも持っていました。

今は、大幅な洋服の断捨離に成功し、2年以上前に買った洋服は、コートにしろジーンズにしろ持っていないのです。

新陳代謝よく、少ない枚数を季節ごとに買いそろえ、着尽くして捨てています。この着尽くすというのも、何度も着るからじゃないんです。

何度も洗濯するからなんです。

一度着たものは、夏でも冬でも、基本的に洗濯するからなんですよね。そして、息子たちと接していると何かと汚れるし、ひざの曲げ伸ばしやら滑り台で擦れたりで、傷みやすい。

でも、洋服を使い切るという感覚なんて、昔は持っていなかったので、何となく持っているものも多かったんですよ。今のこのやり方は斬新でもあります。

買取専門店に持って行ったものは?いくらで売れた?

いつもは使い切っていた洋服ですが、今回は久しぶりに買い取ってもらうことになりました。

メルカリで売れなかった靴と帽子があり、それを売りたかったからです。

(この靴の話は今度しようと思います。)

ブランド物でもないし、今すぐに手放したかったので、ネットの買取ではなく、近所の大手買取専門店にて買い取ってもらうことに。そこで、靴以外にも売れそうなものは全部持っていこうと夫にもついでに捨てたいものがないのか、売りたいものがないのか聞いて、一緒に合わせて持っていきました。

あ、私じゃなくて、夫に持って行ってもらいましたが。

買い取ってもらったもの全部です。

900円でした。私としては、「えー!たったの900円??」という感じです。

私のものは、靴も帽子も洋服も新品だったので。

でも、まあ一応利益が出たので良かった!

手放した理由を考えてみると・・・

<夫のもの>

・着尽した

・滑り台で破けた

・痩せてサイズが合わなくなった

夫は、もともと物持ちが良くて、いつまでそんな古いものを着ているの?というような人だったのです。ちなみに汚部屋出身でした。

私がミニマリストになって、せっせと片づけている間に、いつのまにか夫も手放すようになって劇的に洋服が少なくなりました。

今回も、「捨てるものある?」と聞いたら、いろいろと吟味していました。

<私のもの>

・サイズ違い(靴、帽子)

・人からの贈り物でも、着ない形のものだった(チュニックは妊婦に見えてしまうので、着ない。)

・使い勝手が悪かった(日焼け止めを塗らないことにしたので、ストールを買ったが、暑くて嫌だったので、日焼け止めを塗ることにした)

私は、断捨離に奮闘していた時期があって、そのおよそ2年間はなるべく物を買わないようにしたり、ファッションは適当でした。出産もあって、ほとんど人付き合いもなかったので。

(昨年の冬服の組み合わせ)

でも、今はあらゆるものを手放したら、洋服に興味が出てきて、自分に似合うものを探したり、ファッション本を読んだりして、楽しむようになりました。

これも、いつまでも挑戦しては失敗してを繰り返しているのも、キリがないので、どこかで終わりにしようと思っています。

いつも失敗したら、なるべく早く、シーズン中にでも捨てるようにしています。量が増えれば増えるほど、手に入ってから時間がたてばたつほど、なんで着なかったのか忘れてしまう。

洋服に興味があるからと言って、何年もかけてファッション迷子になるのは、私にとっては時間の無駄なので、そろそろ切り上げようと思っています。だんだんつかめてきたので。

買い取ってもらっての感想

新品のものもあったので、捨てるよりはやや良かったのかなと思っています。

特に、大量にある人は売るのもいいと思います。断捨離しはじめたときには、よく持って行ったりもしていました。捨てることに抵抗がある人にもおすすめ。

ただ、今後は、私に限っては買い取ってもらうことはなさそうです。

どちらかというと、手放すときに手間になることは苦手なので、捨てることになりそうです。あとは、金額のショックさですよね。

捨てる際は、自分の中で価値を決められる(ある意味妄想)けど、売るとその価値を他人に値段付けして決められてしまう。

これは、私はあまり感じたくないので、そういう気持ちを大事にするのもアリですね。不快なことを減らすのも、ミニマリストならではです。